リダンダンシー2008年11月28日 19:00

冗長性、と訳されますが、構造を破壊するリスクを低減するための「余裕」「余地」のことを指しているとのこと。要求される負荷より余裕を持って設計する、ということですね。

デザインにおいても操作に関わる部分のリダンダンシー確保が要求される訳ですが、これを不用意にこなすと文字通り「冗長な」くどいものになり、場合によっては、情報過多から「モチベーションの低下による操作放棄」を導いてしまうこともあります。

これは一つには、人と機械(システム)の間のリダンダンシーを、機械だけに求めてしまうことから起こっているのかもしれません。私は、「機械の冗長性は最小限」にして、「人の側に余裕が生まれる」ようなデザインを意識しています。機械の無駄を省き美しくする事は、それに接する人に余裕を与えると思いませんか。

「デザインは詩である」との、マリオ・ベリー二氏の言葉を思い出しました。この言葉の響きが好きです。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.