工芸茶2009年01月07日 09:00

工芸茶
お茶を飲む、という習慣は中国から世界に伝わったものですが、日本の緑茶から欧州の紅茶まで、その風土に合った習慣として深く根を下ろし、実に様々なバリエーションで楽しまれています。

本場中国では緑、白、黄、青、紅、黒、花、茶葉以外のものと風味も淹れ方も異なる沢山のお茶があります。その中の一つ「工芸茶」は、中国式の緑茶の玉の中に様々な花が隠されていて、お湯を注ぐと開花するという仕掛け。写真は「茉莉花」と「姫百合」が咲くタイプ。

「五感を使って楽しむ。」デザインにもあらためて標榜されてもいますが、一杯のお茶を楽しませるぞ、という意気が感じられて好きです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2009/01/06/4045473/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.