降灰(浅間山)2009年02月02日 11:59

降灰
今朝、車のフロントガラスに灰が積もっていました。昨夜噴火した浅間山のものでしょう。
噴火口からここまで、直線距離で南東方面に約150キロ。西風(東向き)が強かったようですので、関東地方に広く降ったのでしょうね。

視線2009年02月03日 13:08

視線 ブル
駐車場で誰かの視線を感じて見回すと、オープンスポーツのドライバーズシートに彼がいました。物言いたげにじっと私を見ています。目を離した後もずっと見ています。私を不審者と見て主の愛車を守っているようです。その構えがさまになっていて眼力も強く、ほほ笑ましく思いました。

写真を撮ったのは夏でした。ブルドッグが暑さに弱いと知ったのは後の事です。もしかしたら「あちい・・」と言っていたのかも知れません。(主はこのあとすぐに現れたので、どうぞご心配無く)

茶葉2009年02月04日 12:37

茶葉 水色
以前、工芸茶を紹介しましたが、今回は中国茶の茶葉と水色(すいしょく)をご覧下さい。

中国茶は白、黄、緑、青、紅、黒の6つの分類に加えて、花茶などの茶ではないもの(茶外茶)をあわせて数百種類あるそうです。その全ての分類ごとに代表的な銘柄を集めて比べるという機会がありました。写真には写っていませんが「苦丁茶」という歯医者さんの匂いを思い出すお茶も頂きました。これがとっても苦かった!

写真は手前から白茶、黄茶、と順番に並んでいます。分類名と水色は必ずしも一致しないようですが、どれも透き通る綺麗な色でした。私の中の色が増えたようで嬉しく思いました。もちろん、香りも味も素晴らしかったです。


工芸茶(以前の記事)
http://dmc.asablo.jp/blog/2009/01/06/4045473

古い電卓2009年02月05日 14:06

電卓 カシオS-1
「使いやすい道具」と一言でいえるものを、デザインする立場で口にするときは緊張感が伴います。丁寧に沢山の仮説を検証しないと辿着けない高みがあるように思います。そうして苦労した結果は極ありふれたものになる訳ですけれど、その「ありふれたもの」とは、きっと獲得された「普遍性」なのでしょう。

写真は現在使用している電卓です。ここ二十年あまり、これともう一つ別の電卓(オリベッティ製)の2台を使用しています。オリベッティのものは良く考えられていてとても使いやすいです。これは本体の重さやキータッチが素晴らしく、キーの音や計算結果が出るまでのわずかなブランクなど味わいがあります。

身近にあり安価なものをデザインする場合、販売価格から逆算してデザインに掛けられる時間とコストは限られます。でも、その中でどれだけ高みをめざせるか、というのもまた楽しいのですよね。(もちろん赤字は出さずに、ですね)

逆光の中2009年02月06日 11:52

逆光 港
モバイル機器のインターフェイスデザインの際に、屋外などの強い光の中で画面を見る必要が有る場合は、表示デバイスの特性を考慮しながら見やすくなるようにデザインします。色使いだけでも随分と良くなりますが、表示内容も状況に合わせて変える時もあります。もちろん、用途にあわせてデバイスも選ばれています。

それでも逆光のような状況はなかなか厳しいです。「目が眩む」とは、光に惑わされて間違えてしまうことを指しますから、見える見えない以上の幻惑が強い光にはあるのかも知れません。

イカロスではありませんが、私も太陽に惹かれているようで、しばしばレンズを向けています。この写真は携帯で撮った物です。光量オーバーによるエラーが雰囲気を作っていますね。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.