大楠2009年06月01日 10:54

宇美八幡宮の大楠「湯蓋の森」
先月、出張で博多を訪れた折りに、足を伸ばして宇美八幡宮の楠(クスノキ)を見に行きました。

社の内外に、銘のあるものないもの含めて20本以上はあるでしょうか。雨に煙る楠の森は想像以上に大きかったです。
宇美は縄文時代まで遡る歴史があるそうで、往時の風景を偲ばせる姿でした。

過去記事:大樹
http://dmc.asablo.jp/blog/2009/03/05/4153115

横浜開港記念日2009年06月02日 19:38

「象の鼻」と大桟橋
今日は横浜港の開港記念日です。いつにも増して今年は150周年。市内の小中学校はお休みで、イベント会場は沢山の子供達で賑わっていました。

写真は今日「象の鼻パーク」としてリニューアルオープンした、開港時に造られた堤防です。このちいさな堤防から横浜港が始まったのですね。
周りをぐるりと見回すと、大桟橋、県庁、税関、開港記念館と、ここを中心に街が開けて行ったのが感じられます。

クルーザーなどのパーソナルな船も接岸出来るとのこと。船で横浜に遊びに来る、というのもしゃれていますね。

帆船クアウテモック(CUAUHTEMOC)2009年06月03日 12:12

帆船クアウテモック(CUAUHTEMOC)
横浜新港埠頭(赤煉瓦パークの隣)に、メキシコの練習帆船クアウテモック(CUAUHTEMOC)が停泊、一般公開されています。スペインのビルバオで建造、1982年進水、メキシコ-アジア交流400年を記念しての日本航海とのこと。横浜までは3ヶ月かかったそうです。
甲板は海と船の匂いに加えて、少し甘い香りがしました。クルーの整髪料だったのでしょうか、男っぽい甘さでした。

新港埠頭では日本の「海王丸」、護衛艦「しらゆき」も一般公開されていて、こちらも賑わっています。

Crucero de Instrucción JAPÓN-2009
http://www.semar.gob.mx/velero/japon_2009/

船舶一般公開 クアウテモックは6/5まで。無料。
http://event.yokohama150.org/news/20090525-3.html

飛行船の音2009年06月04日 13:09

飛行船 赤煉瓦倉庫
今日も横浜開港イベントの写真です。

大勢の人々の会話、移動ステージのバンド演奏の熱い音、大道芸人のパフォーマンスに沸く歓声が行き交う中、ふと気がつくとバラバラという低い音が迫って来ています。
見上げると飛行船がすぐそこに。

空を覆うくらいまで低く降りたあと、風に流されるようにふわりと飛び去って行きました。

あの低く響くプロペラ音、空を飛びたくなります。

インテリアライフスタイル2009年06月05日 19:06

プジョー製コルク抜き
毎年、東京とフランクフルトで催される国際見本市「インテリアライフスタイル」を観てきました。

お世話になった方や顔見知りのデザイナーの活躍を拝見して、大いに刺激を受けて参りました。
皆こころの中に強いものがあって、そこから湧き出ずるものが形となって並んでいます。新しいことをやってやろう、という気概が気持いいです。

地方や海外からの意欲的な出展も多く、とても楽しい雰囲気の展示会でした。

写真は撮影を快諾して下さったプジョーのコルク抜きです。
ボトルの口を挟んで上下にレバーを動かせばコルクが抜けるというもの。どこか儀式的な使い方が面白く思いました。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.