こどもの絵2009年12月10日 23:23

Tシャツの絵
子供たちは本来お絵書きが好きなのだそうで、技量に関わらず絵を描く面白さを楽しんでいるのですね。
我が家の子供たちの絵を見ると、3歳くらいまでは好き勝手に描いて、徐々に姉妹や友達の絵の影響を受け、10歳頃には有る程度決まったパターンに落ち着いてくるようです。

写真は下の娘が8歳の時に描いたもので、今(10歳)はこう言う絵は全く描きません。何故かと問えば「恥ずかしい」のだそうです。
この先も描く事が好きなら、思春期の頃にまた自分なりのスタイルを求めて、人とは違うものを描くようになるかもしれません。

素直な感覚から他との同化、そして自分らしさへ。この感覚の自然な流れをオーバードライブして高みに引上げて行くのが「教える」ということなんだろうと思っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2009/12/11/4750242/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.