「放水始め!」防災訓練に参加してきました。2010年06月14日 08:22

週末に地元の防災訓練に参加してきました。
町内会主宰で、消防署、地元消防団の方々の指導で初期消火の基礎を教わります。

はじめに消火器。
消火器
この写真だとちょっとわかりにくいですが、カットモデルで中の仕組みを説明して頂きました。
炭酸ボンベで中の粉末を噴射する仕組み。一般的なサイズで15秒くらいの噴射だそうです。(訓練は水消火器で行いました。)

一番大切な事は「家事だ!!」と大声で叫ぶ事。次に消火。無理そうならすぐ逃げること。安全第一です。

次に消火栓からの放水です。
消火栓は専用の道具で開蓋します。

これは試しに水を出したところ。
消火栓

ホースを繋いで、
ホース

放水始め!「放水始め!」の合図は声とともに右手を上に挙げます。声が届かなくても伝わります。
放水
震災がもし平日の昼間に何かあったら、、ということで女性の活躍は大切です。

私も挑戦!
放水
へっぴりごし。

恥ずかしながら初めての体験で参加して良かったです。
といいますのは、道具が一つ一つちょっとした「コツ」が必要なのです。
例えば消火器は重たいので置いたまま使うとか、消火栓の開栓は右回り(家庭用とは逆)とか、、。

・・と、やはりデザインすべきことが沢山ある、と感じます。しかも極めて重要な局面で。
サインだけでもデザインを取り入れたら、より安心と確実さを増すでしょう。

帰り道、きれいな薔薇が咲いていました。
薔薇


dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.