花火の匂い2010年08月27日 23:46

先日、家に帰ると玄関先で子供達が花火をしていました。
これもマドレーヌ効果というのでしょうか、体を包む湿った暑さとぱちぱちと弾ける音と花火独特の匂いが、子供の頃の記憶を強引に感じるほどの力強さで蘇らせました。

そしてひとしきり思い出を楽しんだ後に、おりに触れて蘇るシーンがあるのは、たとえそれが不幸な記憶だとしても幸福なことかもかもしれない、、そんな想念に浸っていました。。
これも暗がりで火を見ることの魅力かもしれません。

カメラを向けると子供達は残像で遊び始めました。遊びを自分で作れるのも楽しい事ですね。

花火

花火

花火
夜空のイメージ、なんですね。

最後はやっぱりこれですね。
花火

子供達は夏の名残を惜しむような切なさよりも、これを長持ちさせる方法に興味が有る様です。
いわく「バケツの水面のすぐ上が一番長持ち」とのこと。
なるほど、風防の効果でしょうね。

9月もまだまだ暑いらしいですね。虫の音を聴きながら花火をしたらどんな記憶が蘇るのでしょうね。。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.