今更ですが「Google音声検索」は凄い!2011年06月28日 12:09

Xperia arc にプリインストールされていたアンドロイドアプリ「Google音声検索」、定番ですので今更ではありますが、レビューを。

Google音声検索
アイコンをタップしてマイクに向かってしゃべりますと、、

Google音声検索
自動で処理を開始、、

Google音声検索
すぐに候補が表れます。体感で1秒前後の速さです。
このブログのタイトル「Designの言葉」も問題なく認識されました。

Google音声検索
(きっと皆さん既にご存知の)便利な使い方。経路検索。
「○○から●●」としゃべると経路が一番上に表示されます。
これ、駅のホームと言うかなり大きな音のノイズに囲まれた環境でもほとんど問題なく使えています。

Google音声検索
「地域名+天気」で天気の確認も。

Google音声検索
お店探しも現在地情報を使って周囲を検索してくれます。
ちなみに「近所の○○」というより、単に「○○」とした方がいい結果がいいようです。

もっと便利な使い方は?、、と検索したら1年半前にすでにこんな記事がありました。ぜひこちらも参照して見て下さい。→「絶対に覚えたい iPhone+Google音声検索・10の技

この音声認識技術は文字入力に使える、そういうアプリも既にあるはず、と思いましたが、こちらは意外と実用化が限られているようで、今日現在、私の機器でメインで使えるものは見つけられていません。
それでも明日には素晴らしいものが出てきても不思議ではありませんね。今後もこんな使い方があるのか!と驚かせてくれるでしょう。


ところで、この技術へのときめきを感じる一方で、複雑な感慨があることも白状しておきます。
日本のデザインの現場から一度は見切られた技術が、海外で大きな価値を得て再上陸、その変貌ぶりにただただ驚く、、この光景は音声認識以外にも、タッチUI、三次元造形にも見たものでした。
これは、技術だけの問題ではないのでしょうね。自己の再認識を冷静に広い視野で行わなければと思います。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.