助けあうことの凄さ2012年02月08日 23:59

有名なお話だそうですが、ユニクロは身障者の雇用率が8%超、日本企業の平均の7〜8倍と断トツの高水準なんだそうです。
その理由がなるほどと思いました。

ある時、身障者を雇用した店舗の方が売上が伸びることに気付きました。調べて見ると、スタッフに身障者がいることによって様々な気付きがあり、工夫がなされ、結果的に顧客サービスが向上し、その効果として売上が伸びるという仕組みだったそうです。そして、積極的に雇用配置するようになり、それは現在も続けられているのだそうです。

先日、脳科学を研究されている方に、ミラーニューロンという共感や利他という現象に深く関わる脳細胞についてのエピソードとして聞いたお話です。

現在、ソーシャルネットワークを通じて起きていること、特に社会的意識の高いサービスほどスマートでエレガントな方法を志向しているように見えるのは、ミラーニューロンの働きと関連があるかもしれません。

私が実感する「デザインは贈り物」という見方、「他者への意識の方が、自己への意識のみよりも、多くの問題解決をなしうる」という経験則を裏付けてくれるようです。

梅が咲きました2012年02月09日 23:59

八重の白梅
今年はなかなか梅が咲きませんでした。何故なんでしょう、毎年同じように過ぎていた事がたった一月ずれただけでも気になってしまいます。

やっと咲いた梅からは清々しい香り。丁度盛りの臘梅と嗅ぎ比べられて、微妙に異なる甘さを楽しむ事が出来ました。

青い電線2012年02月10日 18:29

青い電線
今日、横浜の都筑で青い電線を見かけました。私ははじめて見たのですが、検索しますと10年前には登場していたようです。

そういう意図なのか別の理由かは判りませんが、空が青いので黒い電線より風景に馴染みますね。

オレンジのガードレールは蜜柑の里でしたでしょうか。欧州の街のように地域のカラーコードを日本の自治体が持つとしましたら、電線の色は風景を性格づける色になりそうですね。

ミチクサ 地中美術館バージョン2012年02月13日 12:52

アッシュコンセプトにて製造販売をして頂いているミチクサに、地中美術館専用の特注品が登場しました!

ミチクサ 地中美術館バージョン

ミチクサ 地中美術館バージョン
花留(剣山のような形のもの)の色が、淡いグレーになっています。
水を入れると透明な陰影を作り出して、花の色を引き立たせますね。

ミチクサ 地中美術館バージョン
パッケージも特別製。

もし地中美術館を訪れる機会があったら、ぜひ手に取って見て下さい!
買わなくても勿論結構です。(ホントは買って欲しいです(笑)

東京新名所 スカイツリー ゲートブリッジ2012年02月14日 23:59

今日、町内で出かけた視察の帰り道、東京の新名所スカイツリーとゲートブリッジを駆け足で見てきました。

スカイツリー
小雨に煙るスカイツリー。

ゲートブリッジ
若洲からみえたゲートブリッジ。

ゲートブリッジ
ゲートブリッジはこのあたりにあります。

スカイツリーの周辺にはビルが建ち始めましたが、足下は江戸以来の伝統を守る下町です。周囲がビルを埋め尽くすことは今後考えにくいとしますと、下町のど真ん中に唐突に立つ姿のユニークさが、賑わいとともに続きそうで面白いですね。

ゲートブリッジは新旧の埋め立て処分場をつなぐ一般道です。雨に煙るスカイツリーと下町とゲートブリッジを走り抜け、羽田を通って帰ってくると「京浜工業地帯」という言葉が蘇るような感覚で浮かんできました。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.