社会的で生理的なデザイン 12012年04月09日 10:37

デザインが近代のものであることは、その源流とされるアート&クラフト運動やバウハウスが、大型機械による大量生産品を問題視することからも明らかだと思います。家内制手工業の時代にはあまり問題にならなかったことが表面化したため、デザインが必要になったと言い換えられるかもしれません。
その表面化した問題とは「酷いものが世の中に溢れる」という状況です。安いから買っちゃうけど素敵なものじゃない、という今でもありがちなことですね。これを良くないと思った人たちが「時代に棹をさした」と言う事がデザインの源流にはあります。

しかし、時代に棹さすとはいいましても真っ向から否定するのではなく、現実的な落とし所を探る「修正・矯正」の立場で、経済活動に貢献してきました。ですので、先日「二つのソリューション」でご紹介しましたように「経済活動の問題解決である」という面と「文明と人間の乖離を埋める活動である」という面が、ともに大量生産品のデザインの価値として成立してきました。

ここで、今とこれからの生活を「修正・矯正」するとはどういうことなのだろうか、とふと疑問が湧きます。
今と言う時代を世界規模でどう捉えるか、これはいつの時代でも難問です。書替えられ続ける過去を再確認しながら、広く深く俯瞰しないとなりません。視座を堅持しながら偏見ないように、、専門家でさえ難しい仕事ですね。でも難しいからと放棄していてはデザイン出来ないように思います。

断片的ではありますが、今を感じさせるSNSやBOPビジネス、デジタルファブリケーションにはデザインがかかせません。
革命にも深くかかわったとされるウェブ発のSNSは、既に上記二つの意味でデザインそのものを内包しています。見方によっては「コミュニケーションのデザイン」そのものなのかもしれません。

以前、10代20代に響くキーワードとして「ソーシャル」「サスティナブル」「シェア」という3Sが紹介されていましたが、これらは「今」を、少なくともある一面では映していると思います。若者は社会の鏡、未来は若者のもの、という常套句には普遍性があるのでしょう。
話は飛びますが、子供たちが自動車より新幹線に惹かれるのはそういう意味があるのかも、、と思います。

さて、、根拠は薄いまま断定的な事を申しあげられませんが、今の時代に棹さすとしたら、社会の前提となっているものが対象となる、それが今とこれからなんだと思っています。もちろん、「修正・矯正」の立場で、よりよくするために、です。

具体的には何をデザインし、修正していく指標は何か、、についてはまた改めて書かせて頂きます。

※「時代に棹さす」は、「時代の流れに逆らう」の意味で用いていますが、本来は「時流に乗る」が正しく、上記の用法は誤用です。
この注記にて修正に代えさせて頂きますのでご容赦下さい。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.