三菱一号館美術館「KATAGAMI Style」2012年05月01日 07:53


開国後、シーボルトが大量に日本の物産をオランダへもたらし文化を紹介した事が直接間接的にジャポニスムの源流になった、と教科書にも書かれています。
あじさいに「おたくさ」と名付けたエピソードが有名なシーボルトですが、植物や地図だけでなく「型紙」も大量に持ち帰っていたのですね、初めて知りました。

型紙
江戸期、実際に使われた伊勢型紙が、売店で購入出来ました。驚き!

型紙
染物の文様を染め抜くための糊を、この型紙で反物に転写していました。

KATAGAMI STYLE
展示は江戸期の型紙とその染め付けたものたち、次にアーツ・アンド・クラフツ(英米)、アール・ヌーボー(仏・ベルギー)、ユーゲントシュティール(独等)と影響の広がりをなぞって行き、最後に現代の製品が並びます。

KATAGAMI STYLE 図録
図録の表紙は「JAPANISE ART」の代名詞的な鯉と波、千鳥もいます。
(裏表紙は糸菊になっています)

KATAGAMI STYLE 図録
各国の展示では、影響があったと推察されるものの中に、その手本であろう型紙が並べられています。その影響の関係性(実際にそれが見たのか、たまたま似ているのか)までは私には読み取れませんが、これはとても判りやすく、歩みを進める毎に国や地域ごとの影響の受け方の違いが感じられます。

KATAGAMI STYLE 図録
エミール・ガレの家具たち。展示されていたものの保存が素晴らしかったです。
ミュシャ、ラリック、マッキントッシュ、、この時代に現れた優れたクリエイターがずらっと並んでいました。

ジャポニスム以外にもアジアからの影響が多く表れた欧州のこの時代に、型紙だけの痕等を辿るのは専門家以外には難しい作業かも知れませんが、江戸期に花開いた粋で艶やかな文様が、欧州米国で好んで受け入れられ、やがて逆輸入されていく様を眺めるのはとても楽しい事ですね。

また、開国後の興隆を象徴する丸の内で行われていることも趣向を添えています。そしてもし、実際に玄関口の一つであった横浜で行われたら、また別の面白味が加わっただろうとも思いました。

東京展は5月27日まで、京都展は7月7日から8月19日、三重展は8月28日から10月14日まで。

地下足袋で歩く2012年05月02日 20:17

地下足袋を買ってきました。京都の伝統を活かした地下足袋とテキスタイルのSOU・SOUというブランドのものです。

地下足袋
先が割れているのが下足袋ならでは。

地下足袋
「こはぜ」と呼ばれる金具で留めます。
この留め方も地下足袋独特ですね。

SOU・SOU
お店には和モチーフのポップな地下足袋も沢山。
場所(ヴィーナスフォート)柄もあるのでしょう、女性のお客さんが多かったです。

SOU・SOU
箱。

地下足袋
履いた感じは地下足袋そのものです。

私は「素足感覚で歩く」履物が好きで、BIRKENSTOCK、NikeのFreeなど、色々と試していますが、その中で「素足感覚」に重要だと思いますのは、、
 ・親指の第二関節で接地する(感じ)
 ・指が自由に動く(感じ)
 ・締めつけや重さが少ない(感じ)
の3つです。
「地下足袋」はその中でもトップレベルの素足感覚です。(もちろんこの地下足袋も)

靴底が薄い分、アスファルトでは疲れやすい印象ですが、芝や土、砂浜、ウッドデッキなど、質感と起伏がある所では歩く楽しさを味わえる履物ですね。

この休みにはちょっと長い距離を歩こうと思っています。

雲の一日2012年05月07日 23:38

今年のゴールデンウィークは、地域によってはいつになく天候が乱れましたね。横浜も前半は雨が多かったです。
「晴れのち雨」の予報が出ていた4日、朝から晩までカメラを向けてみました。



雲が東へ西へと蛇行しながらやがて激しい雨となり、風が変わると雲が割れ、最後は星が見えました。
表情豊かな雲の一日、、時折窓から見上げる空に旅情を誘われていました。

翌日のスーパームーン2012年05月08日 23:59

月と電線
5日は地球最接近と満月が重なる「スーパームーン」で、ニュースやネットでため息が出るような写真を沢山見かけました。

私もビル群の上に明るく輝くのを見たのですが、それよりも翌日のもやのかかった雲のあい間で金色に輝く姿がとても印象的でした。
この金色の光、美しかったです。

初夏の香り 羽衣ジャスミン2012年05月09日 23:01

羽衣ジャスミン ミチクサ
「羽衣ジャスミン」が今年も咲きはじめました。この小さな花器一つで、部屋中にすっとした甘い香りが満ちています。
この香り、湿気を含んだ生暖かい空気にピッタリなんですよねぇ、、まさに初夏の香りです。

同じジャスミン系の香りの匂蕃茉莉(においばんまつり)もこれから咲きはじめます。
そちらは紫と白と新緑のグリーン、こちらは白とピンクと濃いグリーン、どちらも好きな色彩で初夏のイメージですね。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.