期待に応える2012年11月05日 23:19

今日、年令やジェンダーに求められる「こうあってしかるべき」という他者からの言動が、多くの方にとって活動を阻害されていると感じる事を改めて思いました。

私自身は、やはりそういう既成概念からは距離を置いていると思います。
しかし一方で、昔の人の時間を掛けて得られた知恵というものもあるのも確かですので、一度は耳は傾けたいと思っています。
そしてもし、腹が立つことがあればそこに自分の不足があるのか、それともその考えが古いのか、、向き合ってみるのも悪くはありません。

少しこちらに引き寄せて考え、「しかるべき」を「らしさ」ということについて捉えなおしますと、デザインはいつも客観的つか斬新な答えを求められますし、私を含めてデザイナーはこれをよくいいますが、これは認知の問題です。

「こうあってほしい」「らしくあってほしい」は期待の表れです。期待して見ている、という認知なのです。
ですから、期待値を越えれば受容れられ、越えられなければ、また逆方向の結果であれば拒絶されます。
そしてこの期待値とは具体性ではなく満足度のことが多いのです。満足であればあり方なんてどうでもいい、とは言い過ぎかも知れませんが、「思ってもいない=期待値にない」満足の方が嬉しいことも確かですよね。

ですから例えば他者に求められる「こうあるべき」「らしさ」は、あり方ではなく評価だと思うのはいかがでしょう。
そこの視点から見れば、求められる「あり方」に思い至るより、期待を越える事を考えた方が先に進めるように思います。

デザインにおいても、こちらの存在もきちんと認めて欲しいですし、向けられた要求にも応えたい、、この気持ちから出来ることを考えています。

過去記事:愛せる欠点
http://dmc.asablo.jp/blog/2009/03/23/

過去記事:「らしさ」は禁句の「横浜ランデヴープロジェクト」
dmc.asablo.jp/blog/2010/03/10/

黄金は秋の色2012年11月06日 23:26

黄金色の夕陽
出先からちょっと(いや少なからず・・)足を伸ばして海に沈む夕陽を眺めてきました。
秋が深まると黄葉だけでなく陽の光りにも黄色みが増して黄金色になってきますね。空気(湿度)の変化を実感します。
この冬が始まるころの黄金色が好きです。

冬の始まり2012年11月07日 21:38

海辺の貝殻
波に集められた貝殻、先日の海岸でみかけました。
寒々しい色合いが冬の始まりにぴったりです。

しかし大きな貝や海藻など生命の気配に満ちていて、冬の海は豊かな印象も合わせ持っていますね。暖かくして美味しいものを食べに行きたくなります。

素因数分解(アニメーション)2012年11月08日 11:28

Data Pointed というサイト、アーティストで科学者の Stephen Von Worley さんのデータをビジュアライズした作品が集まっています。家族が「綺麗だから見て」と教えてくれました。

こちらは自然数が1から10,000まで1秒ごとに増えて行くアニメーション。
ただそれだけ、、なんですが、これが何とも言えない見応えがあります。

6
6は3x2で表されています。

7
7は素数、つまり因数分解が出来ない数字は円に。

18
18は3x3x2、、

65
65は13x5、、

125
125は5x5x5と、素因数分解された形状がどんどん形態を変えて行きます。

83
円になると「83は素数だったのかぁ」と判る瞬間のが気持ち良さが不思議です。

10000
最後は10,000でした。

これ以外にも思わず引き込まれるビジュアルが沢山ありました。

美しい万年筆2012年11月09日 09:47

こちらの記事、ネットで話題とこれも家族情報から。


Custom Namiki Falcon Resin Fountain Pen HD

いや〜、魅入ってしまいました。紙がペン先を引き掻く音がインクの匂いを想像させます。品質が高い、という言葉がしっくりきます。
そして「ユーザーエクスペリエンス」という視点の軸がここにある事を再確認出来ました。

これ、欲しいなぁ。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.