デザインは「問題提起、問題解決」2013年06月18日 23:50

昨日、「デザインはアートのように問題提起を」という記事が注目され、それを多くの一線の方が肯定的に言及していまして、私はそれを少し残念な気持ちで眺めていました。。

この件についてのIさんとのダイアローグ、私のコメントです。
 → http://twilog.org/fumikono/date-130617
まとめますと、、
『20年以上前には「デザインは問題提起と問題解決」という認識はあり、デザインから「問題提起のみをとり出す」ことは難しいはず。問いかけが足りないと言われると耳が痛い事は事実だが、解決を含まない問いかけはむしろしたくないと思っている。また「アートが問題提起である」という価値(認識)は近代のもので、アートかデザインかと言う陳腐なテーマで語りたくない。』
・・うーん、結構強い言葉で語っておりましたね。(苦笑)

ただ、「問題提起」がクローズアップされる状況にあって、デザインに出来る事は確かにサボってはいけないとも思います。頑張らねば。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2013/06/18/6878089/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.