やさしい悠遊カード2013年08月21日 23:04

悠遊カード
台北市内のMRT(都市交通)とバス、一部の鉄道などに使えるICカード「悠遊カード」を利用しました。概ね日本のICカードと同じ使い勝手がありますが、ちょっと嬉しいのは割引とデポジットの考え方でした。

割引は一般で20%、その他学生や年配者はさらに引かれます。(詳細は下記リンク先をご参照下さい)

デポジットは1枚500元(約1500円)のうちの100元ですが、利用中にチャージを使い切るとデポジット分から差し引かれる仕組みになっています。つまり、支払った金額一杯使えるんですね。
(チャージ金額はデポジット分は表示されていません:写真)
これいいなぁ。スイカも是非そうして欲しいです。

競合がないのも旅行者には判りやすかったです。

悠遊カード:http://www.easycard.com.tw/
Wikipedia:http://ow.ly/obZtS

(もう少し台湾のお話を続けます)

コメント

_ kyon2 ― 2013年08月25日 23:30

はじめまして。

少々気になる点があります。
『割引は一般で20%、その他学生や年配者はさらに引かれます』
→MRTの悠遊卡利用割引率は一律に20%です。
→路線バスと鉄道在来線(一部の区間)では「優待悠遊卡」を利用した場合に原則半額割引きとなります。旅行者で優待悠遊卡を入手できるのは、満65歳以上、または6歳以上12歳未満。
→台北市とその周辺の路線バスには「学生割引」がありますが、旅行者は学生悠遊卡を入手できません。

『つまり、支払った金額一杯使えるんですね』
→あくまで一時的な措置として、1回に限り、デポジット額からの貸し越しが行われます。チャージ残高はマイナス扱いとなり、リ・チャージを行ってプラス残高に復旧するまで、カードは利用できなくなります。

また、カードを入手するときの費用は500元(デポジット100元+チャージ400元)とは限りません。
コンビニでは、発行手数料100元+自由選択チャージ額(100元以上100元単位)の買取制カードしか入手できません。
駅ではデポジット100元+自由選択チャージ額(100元以上100元単位)のカードも入手できます。

_ ― 2013年08月26日 14:42

kyon2さん、はじめまして!
コメントありがとうございます♪

悠遊カードの件、ご指摘と正しい情報のご提供ありがとうございます!
なるほど、そこまでは存じ上げませんでした。お話伺いますとやはり悠遊カードは良く考えられている印象ですね。
ありがとうございました!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2013/08/21/6955818/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.