ダメマシンクリニック14【駅のトイレ:ミスリードおよび機能失調の疑い】2016年02月05日 04:59

おはようございます!
今日はギフトショーの最終日なもので早朝から失礼いたします。
まだ夜明け前の、この静かに様々な予兆がおりかさなっている暗さが好きす。

さて、ダメマシンクリニック、続いての症例はこちら、JR大森駅構内のトイレです。

ダメマシン14【駅のトイレ】

14 駅のトイレ 01
手をかざすと流れるタイプのスイッチですね。見かけるようになって久しい印象ですが、テプラが貼られています。

14 駅のトイレ 02
詳しく見て見ましょう。
1〜2:誘導

下側に大きな誘導のための表示がありますが、同じ内容がテプラによって追加されています。もともとある下側の表示では上手く伝わらなかった可能性が高いと推察されます。なぜでしょうか?

14 駅のトイレ 03
良くみますと、センサー(手のイラスト中央)のすぐ上に誘導の表示があります。この文字が小さいため、大きく表示(2)を追加するようにした、しかしその表示位置がセンサーから遠く誘導したい位置からずれてしまい、上手く作動しない状況が多発したと推察します。また、「手を近づける」という行為が分かりにくい可能性も考えられます。


【診断】

表示位置の間違いによる「ミスリード」と診断します。
また、もともとのセンサーの設定で、適正に動作する範囲が狭すぎることが根本原因であるとも考えられますので「機能失調の疑い」を併記します。


【処方】

では、処方です。
誘導したい位置に表示を近づけます。

処方01:応急処置
応急処置(追加表示)は以下の様にするのがよいでしょう。
もともとある追加の誘導表示(2)を消す
センサー近くの追加表示(1)を大きくし、「▽」を追加する。
言葉を平易にする。

14 駅のトイレ 04

14 駅のトイレ 05
今ある表示を消すのは勇気がいる行為ですが、思い切って消してしまいましょう。
センサー位置に手をとどまらせるため「手を近づける」は「手をかざす」に替えています。また「▽」マークはセンサー位置を示す意味もありますので追加するとよいでしょう。この位置に大きく表示することで、誘導の流れがすっきりしました。

処方02:治療
根本的な改善には(メーカーによる)以下の処置が必要になります。
センサーの反応範囲を「手の一部が四角い金属部分のどこかに近づいたら反応する」をめやすに調整する。

よかれと思って打った手が返って混乱を誘発してしまう、、出来るだけ避けたいものです。

ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.14
対象:駅のトイレ
設置場所:JR大森駅構内
報告者:ディーエムシー
報告日:2016.2.5
症例:ミスリード及び機能失調
ダメ度:×(表示対応可)
応急処置:表示修正
治療方針:内科「センサー調整」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.