「子供に戻る」2013年09月06日 23:13

日本の統計では7割の人が75歳を過ぎると自立度が少しづつ下りながら晩年を過ごします。
自立度の下り方は各個人によって様々だと思いますが、幾つかのパターンには整理出来る事でしょう。

その中で、私自身が着目しているひとつは「認知」の部分の変遷です。2025年を念頭に置くと、どの様な作法をその機器に採用すべきかという課題に仮説が見いだせるのではないか、という思いがあります。

ざっくりと言いますと、一般的に15歳から25歳までの10年を核とした青春期に触れた文化、文明、それを支える技術とその作法は、一生を通じて失われにくいよう(エビデンスなし)なので、そこは一つの基準となるでしょう。

しかし、認知が失われて行くと、10代前半に獲得したであろう作法も失ってしまうようなのです。

例1:儀式(葬式)の進行がどの宗派か判らない修道女。
例2:ライターで線香に火を着ける際、火の先端ではなく根本にあててしまう元喫煙者。

1の例では、儀式である事は判り、2では火をつける事はできますので、「細部」や「コツ」を失っているようにも見えます。概要が判るのに細部が判らないというのはそれ自体は問題は少なそうですが、そこに主体者(行為を行う者)として関わると、混乱してしまいます。小さな混乱は大きな混乱を呼び、事故のリスクを上げてしまいます。

認知症が進んだ個人に何か機器の操作をさせることはない、とお思いの方も多いと思いますが、例えばトイレで用をたす、という身近な行為でも手順を分解すると複雑なのです。トイレは在宅医療の自動化には重要な場所で、そこに設置される機器に対してどのように認知し、関わる場合はどうすべきかは、絶対にないがしろには出来ない課題です。

これらは私の見識よりも遥かに医療面からの研究が進んでいると思います。しかしながら、デザインへの応用という意味ではこれからだと思います。

そこで、一つの着目として、「老い」が「成長」の逆行であるならば、老いを「子供に戻る過程」と捉えるというのがありそうです。
ちょっと乱暴なのですが、この見方だと参考になる事例も多いので、「補助線の一つ」として意識して見ようと思います。

「気持ちよく人生の坂を下る」2013年09月02日 23:29

ここ数ヶ月を通して「気持ちよく人生の坂を下るための」という言葉が浮かんで参りました。
コンセプトがばっちり言えているとは思えないのですが、アイデアがいくつも想起され、心軽く感じる事も出来ましたので、私の中では今までで一番腑に落ちると思っています。

坂道も人生も登りより下りの方が負担も大きく辛いのに、登るものばかりが注目されてしまいますが、この下りが気持ちよく過ごせたら、味わいのある時間が過ごせるのでは、と感じます。

「坂を下らせない」ものの押し付けがましさをつつしみ、わいわいとしみじみと行けたら、と。
そして、そのためにモノ(人が作った仕組みや装置)が使えたら、、そのためにはまだまだやることがあるのでは、そんな風に考えています。

意に反して関わる事になりずっと気を重くしていた事が、突然必然性をまとうということが希にあります。ドラマなら伏線ということになりますでしょうか、それが私には「老」なのかもしれません。

過去記事:メメント・モリ「安心して自宅で死ぬための5つの準備」
http://dmc.asablo.jp/blog/2013/08/26/

デザイナーって・・2013年08月27日 23:46

先日乗った新幹線でのお話です。

隣席は乳児を抱いた女性でした。私が座ろうとすると「すみません。うるさくするかも知れません」と。

私は言い終わる前に「全然大丈夫です。全く気にしないで下さい」と伝え子供に「泣いていいよ〜」と手を振りました。
暫くして子供はぐずりだし、泣きやまない子供を抱えて女性は席を立ち車両を出て行きました。隣席がいいと言った所で他の席からの視線があったようです。

子供が泣き疲れて寝るまで40分ほど女性は戻りませんでした。私が席を立つ時も笑顔でお礼をいってくれました。
そんなに気を使わなくてもいんだけどなぁ、、と思いながら、このくらいしないと許されないんだろうな、とも感じます。

一方で子供を放っておく親もいて、少なくない迷惑を無視し続けています。

こういう時、何かできないのだろうかと「モノ」に変換したくなるのがデザイナーの性なのです。私はずっと「子が泣くのを躊躇わずに済み、また、他の方が邪魔されない方法ってなんだろう」と、いいアイデアが浮かばぬまま寝たふりをしていました。
そうやって無関心を装う私もきっとダメな空気を作っている一人なんだろう、と思いながら。

かわいい台湾2013年08月23日 17:35

台北と羽根田を往復したEVA航空のA330はハローキティ仕様になっておりました。

EVA航空

EVA航空
他社も日本国内線でアニメキャラクターのジェット機を就航していますので不思議ではありませんが、外国の会社が日本線に採用しているのはちょっと驚きました。きっと積極的に日本の顧客にアピールしようとしているのでは、とこの時は思ったのですが、専用サイトもあって上海ソウルグアムと本格的に展開しています。

博愛エレベーター
駅のエレベーター。
「博愛」は優先席の意味のようです。

壁の絵
通路のグラフィック。

お茶
お茶のペットボトル。

空港の給湯器のUIが微妙に可愛かったのですが、20分の移動の間に沢山の「カワイイ」グラフィックが目に付きました、

大判焼き 看板
大判焼きの屋台の看板にキャラクター。

方面看板
案内看板の猫。

標識 慢
キョロキョロしていましたら普通の標識さえも可愛く見えてきました。

ロボット
ハイテクをアピール、のはずが可愛さの方が前面に。

工事の人形
絶対狙ってます。
子供たちと大笑いしました。

茶器
そういえば伝統的な茶芸道具も、可愛いらしいものばかりですね。

「可愛い」は日本固有と思っていました。しかし、日本との歴史的な関係がどの程度影響しているか調べていませんが、台湾にも深く入り込んでいると感じました。

陰を楽しむ2013年08月07日 15:14

Butterfly ブルー
連日の暑さのなか、今朝はふと風が涼やかに感じられましたが、今日は立秋だったのでした。
来週はお盆で、それを過ぎると海月が出て、そうなると海の季節が終わりあっというまに空が高くなって、、ほんの僅かな予兆に次の季節を感じてしまうのは繊細と言うよりせっかちなのかも。。
とはいえ残暑が続きますから、秋まで涼しく過ごして体調を整えたいと思っております。

夏を涼しく過ごす方法を検索して見ますと( http://ow.ly/nHtjD )、エアコンを上手く使う、体調を整える、五感に訴える、、といったアプローチがあります。
昼間のうちにカーテンとエアコンで室温が上がらないようにしておくのは私も好きな方法です。

30度くらいまでなら伝統的な方法がいいですね。打ち水をし、ござの上でい草の匂いをかぎ、風鈴の音を聴き、うっすらと汗をかきながら昼寝なんてたまりません。もっとも仕事中はそんなこと出来ませんけれど。

オフィスのような閉じた空間の中では、視覚の涼しさも効きますよね。日が当たる所には観葉植物の木陰が嬉しいですし、カーテンの透けた模様や金魚鉢の水、コップについた水滴などは涼しく感じます。
まぁ、体感温度の差は僅かなのでしょうけれど、暑いときだけの楽しみということで。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.