選んだあとの選択肢2013年07月12日 23:28

昨日は「『ユーザーが何を引き受けるか』は、とても大切な視点」と書きましたが、そもそもこの場面でユーザーは何を引き受け(させられ)たのかと申しますと、それは「決定したものをもう一度決定する」という行為です。

このディスペンサーを操作する前後を細かく見て行きますと、まず商品棚かレジでメニューを選び、指定し、お金を払います。その後マシンに向かい、決定したメニューのボタンを押します。
この「お金を払う時」と「ボタンを押す時」の2回、ユーザーは明確な意思決定が必要になります。

ここが混乱を招いているように、私には見えます。
私などはお金を払った瞬間に「済んだ事」として記憶から消してしまうようで、「えーと・・」となってしまいます。特にコーヒーのサイズが書かれた蓋は、ボタンを押す際には捨てられていますので、曖昧な記憶に頼らなくてはなりません。その時、せめて記憶の想起に役立つ明確な表示が欲しいところですね。

昨日の記事では、この意思決定を購入時のみにする案を提案しましたが、、さて本当のところはどうなのでしょう。試して見たいです。

ちなみに「買ってからマシンを操作」というスタイルは、他のコンビニでも採用していて、同様な混乱を招いているようです。セブンカフェがこれだけ話題になったのはちょっと別の要因があるのかも知れません。。

またミニストップでは、アイスとホットとディスペンサーが違い、かつサイズを選ぶ必要がない(カップにはいるだけ入れる)ので、混乱は少ないようです。(ミニストップは昔からイートインをしていますのでノウハウがあるのでしょうね)

過去記事:整理整頓と使いやすさ 何を引き受けるか
http://dmc.asablo.jp/blog/2013/07/11/

輸出禁止の砥石2013年06月13日 23:47

輸出禁止と書かれた砥石のパッケージ
先日購入した砥石を開封しようとしたらこんなシールが貼ってありました。

ほぉ、どういう事なんでしょう、、と検索した所「含有する成分が輸出貿易管理令に抵触する」そうです。
輸出貿易管理令とは、テロリストなどが大量破壊兵器製造に用いないように輸出を制限した法律です。

さて、この砥石の何が抵触するのでしょう、、よく判りませんでしたがなんだか「強そう」ですね(苦笑)

輸出貿易管理令:
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24SE378.html

空気の手応え FFB(フォースフィードバック)2013年05月28日 11:39

以前の記事で、「そろそろFFB(フォースフィードバック)の技術が盛んになるのではないかと思っています。」と書きましたが、今日こんな動画が上がっているのを見つけました。



今年のシーグラフのハイライト動画の中で、46秒頃から「AIREAL」が紹介されています。高速で移動するユーザーの手にめがけてエアーを噴射する技術です。「手応え」を演出しようと言う訳ですね。

ディズニーの研究所だそうですが、先日紹介した「Touché」もディズニーでしたね。
空気の演出はディズニーランドのアトラクションで経験されたことがある方は多いでしょう。その家庭版が画期的という訳ですね。

空気噴射と言えば、随分前から視覚障害者向けのインフォメーションとしてのアイデアを聞いていますが、なかなか見かける事がありません。
もしコストや特別な技術などの問題なら、この家庭用の技術からの転用で充分なシステムが作れそうです。
どなたか一緒にデザインしませんか!?

紹介記事:Kinectでのプレイを「空気」のフィードバックでもっと面白く。ディズニー・リサーチが技術開発

状態をセンシング「Touché(トゥーシェ)」2013年05月22日 14:31

ディズニーが開発発表したタッチセンシング技術が凄いと訊いて動画を拝見。


面白いですねぇ。アイデア自体は慣れ親しんだものの延長に感じますが、「空中でのジェスチャーではなく、具体物への接し方」の意味を電気的に捉えられるのは素晴らしいと思います。
一つには画像処理ではなく、センサーの入力パターンの処理なので、小型化や低コストか等色々と有利そうです。
もう一つには、以前にも触れておりますが、人へのフィードバックと周囲への気配が明確なことです。これはとても大きな意味があると思っています。

まずはディズニーワールドで体験出来るようになるのでしょうか?楽しみです。

紹介記事:ディズニーが開発したタッチセンサーの新技術「Touché」がまさにイノベーション

体育の52013年03月25日 23:38

今日は子供の終業式で、通信簿を持って返って来ました。
見てみますとびっくり、体育に「5」がついております。凄い!
木登り岩登り山登りと「よじ登り系」は大得意でも、教科にあるような運動(陸上や球技)が得意ではないのに、、良く頑張ったと褒めて上げました。

しかし良く聞くと、これは「本人の努力」が評価されたからの様です。ここでの努力とは「レポートの量」だそうで、実技点の不足を努力点で補ったのだとか。

・・うーん、、、嬉しい事ですがちょっとだけ不安になりました。
といいますのは、「技能」が評価される分野で「努力量」が評価されるのは、もしかしたらミスリードになるのでは?と思ったからです。
技能向上に結びつかない努力は返って悪影響があります。それが「評価のための必要量」としてしまうと質を問わなくなってしまうのでは、、なんて言いましたら「考え過ぎだよ」って言われてしまいました。

子供も自分の技能には気付いているようで、だからこそレポートを頑張ったのだとか。大人より一枚上だったということですね。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.