モノの環境化:環境への期待値に寄与する2024年03月04日 11:25

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

モノを群相として捉える話を続けています。
語彙を上手く使い分けられているのかちょっと心もとないので一度整理して見ます。

「環境をモノとして扱う」ことと「モノが環境化する」こと
「環境をモノとして扱う」ことと「モノが環境化する」ことは、言葉が似ていますが全く違うことをさしています。以下の意味で使っています。

【環境をモノとして扱う】
環境を意図をもって改変すること。人のモノへの態度をさす。
【モノが環境化する】
モノが配置される場所によって目的性を強化したり失ったり変質したりすること。モノの変質をさす。

環境を意図で満たすことは難しい
まず、前者の「環境をモノとして扱う」の究極は、身の回りのものすべてが意図に沿ってモノで満たす事でしょう。しかし、すべての空間を自分の意図や目的に応じて整理し、生活空間を完璧に構成するのは難しいことのように感じます。知識も経験も必要ですし、気持ちは移ろうものなのでそれを内包させるのはプロの仕事でしょう。
普通の人々は、欲しいと思うものや憧れるもの、いつか試してみたいものを手に入れ、使い、並べ、少しずつ改変していくことで、生活空間が出来て行きます。これが自然な成り行きですし、その過程は楽しいものです。
私自身は、整然とすべてに意図が行き届いた空間には大いに畏敬と美を感じる一方で、雑然としながらもその人の手の届く範囲に全てがあるような空間に強く惹かれます。

モノが環境化する
話は飛びますが、引っ越し先のがらんとした部屋に荷物が沢山入ってきたとたん暖かくなった、ということを経験しました。物理的に空気の流れがかわり、熱容量も変化するからだそうです。(余談。避難所で寒い時には荷物で空気のたまり場をつくる事が有効ですって。)
家具の配置で動線も変わりますから、部屋の環境としての質は、モノの配置や量に影響を受ける、と言えるでしょう。
しまわれたり飾られたりしているモノのいわば「出番がない時」には、大きさや素材や収納性(積んだり倒したりしても壊れずしまいやすい事)が、本来の目的とは別の所で効いてくるんですね。

環境への期待値に寄与する
また、娘たちが小さい時はお菓子の道具が沢山ありました。「○○がつくりたい!」と言った時にその道具や材料がすぐ揃う事が、娘たちにとっては驚きであり私たちにとっては喜びでした。のちに娘の一人が「このキッチンでは何でも作れそうな気がしていた」と言いっていました。これは娘の経験が「環境への期待値」を高めたのでしょう。これをモノの側から見ますと、「しまわれたモノたちが環境への期待値に応えた」とも言えそうです。この「環境への期待値に寄与する」は、モノの捉え方の一つとして大事かもしれません。

一つの物をデザインする際には、全ての空間の意図を考慮することは不可能ですが、その物を手に取る人が何に魅力を感じ、どのように生活の中に取り入れ、また不要になった時にどのように扱われるかを想像することは楽しく、また必要な作業だと思います。この思考過程で、モノを群として、環境として捉えるという視点は大切だと改めて感じています。
ちなみに、生活環境を整えるチャンス、具体的には家を買ったりリフォームするタイミングでは、プロの知見を活用して、目的のある空間と無目的な空間を上手くミックスし、自分たちに馴染んでいく過程を楽しんでいただければと思います。

環境としてのモノ:レイアウトの重要性2024年03月01日 16:01

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

生活環境でモノを見渡す
「モノの群相を環境として捉える」という考え方をもう少し具体的にかみ砕いて見たいと思います。
人とモノの関わり合いを、1対1ではなく、一人の人の生活空間から俯瞰して見ましょう。
まずモノですが、時計を見る、音楽を聞く、ポットを使う、リモコンを操作するなど、さまざまな形や距離感で人の生活に関与しています。それぞれのモノは、何らかの目的を持って選ばれたり受け継がれたりしてそこにあるものです。(その使用を通じて目的が変化することもありますが)一定の目的性を持つことが重要な特徴です。
また、モノには要不要があり、不要になった際には人はそれを捨てたり片付けたりすることができます。つまり、物の生殺与奪は人が握っており、これをモノの「負の絶対性」と呼ぶことができるでしょう。

環境の絶対性
これに対して、環境は与えられたもの、または与える側が意図したものとして捉えられます。本来の意味の環境には負の絶対性は有りません。環境の側に絶対性があり、私たちはただ甘受するしかありません。
しかし、私たちは生活環境を目的に応じて、または要不要によって選択し、変化させていこうとします。住む場所を選んだり、エアコンや家具などを換えたりしますが、これは「環境をモノとして扱う態度の表れ」と捉えることができます。

レイアウトの重要性
さて、モノには一つ一つに目的や必要性がありますが、群として見た時、配置によってその目的性が強化されることがあります。例えば、キッチンで道具が使いやすく並んでいる場合などがこれに当たります。モノが並ぶことでその目的性が相互に強化しあうのですね。
しかし、収納の中に収まっている場合は、モノの目的性も必要性も低くなります。また、飾り棚に飾られている場合は、目的性よりもその人の個性を表現する側面が強くなります。
モノを群として捉えた場合、レイアウト(どこに置くか)が非常に重要であることがわかります。「レイアウトによってその意味や重要性が変わる」というのは、ユーザーインターフェースデザインの基本です。そのUIの基本が、現実の生活空間でも同様の作用を持つというのは非常に興味深いことです。

UIの見方から環境を見渡す、、面白くなってきました。
続きはまた。

モノを群として捉える:環境デザインとしてのプロダクト2024年02月28日 11:44

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

前回は「答えのない問いがらしさを作る」というお話をしました。持ち続ける問い=問題意識が、その人の作るものに一定の個性を与えるということですね。

モノの「群相」
最近、私の問題意識が枝分かれし、新たな問いが芽生えました。
それは、モノを個々の存在としてではなく「群相」として捉えた場合、「環境としてのモノと人の幸せなあり方とは」という問いです。この視点は、空間デザインや都市計画の分野に属するかもしれません。
私がデザインしたものを含め、生活の中に溢れるモノたちを俯瞰して考えるとき、それらは単なる個別の存在ではなく、「群」として環境的な効果、役割を担うというのは自然な考えだと思います。
私はまだ完全には言語化できていないのですが、モノと人との関わりを考えていく中で浮かび上がってきた問いです。これは、最近経験した大量処分の影響を受けていると自覚しています。

環境をモノとしてデザインする
この問いは最近になって認識しましたが、私は過去に何度か環境をデザインすることに夢中になった事があります。その時は、プロダクトデザイナーとしての立場から少し離れたテーマであるため、興味深いと感じつつも、自分にとっての必然性をあまり感じていませんでした。
しかし、先に述べた問題意識が徐々に明確になってきたことで、これまで考えてきた環境のデザインについて、再度整理してみようと思っています。
環境デザインの初心者ではありますが、「モノとしての環境・環境としてのモノ」という視点で「人とモノとの関わり」の地続きの課題である「環境」を考えて見たいと思います。

「答えのない問い」がらしさをつくる2024年02月26日 17:16

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

問題意識と「らしさ」
先日、「答えのない問題を問い続ける問題意識がその人の作家性である」という話を聞きました。これは、私にとってとてもしっくりする表現です。私自身、「らしさ」というものを直接求める活動には答えがなく、目の前の課題に真摯に挑戦した時に自ずと現れてしまう内面性こそがその人の「らしさ」であり、作品であれば作家性だという風に感じてきたからです。

私自身は、以下のような問いの自覚があります。
1)モノと人との関わりは、どんなかたちが幸せなのだろうか。
2)大量生産・大量消費という社会の中で、「一つのモノを大事にしていくこと」と「沢山のモノを消費していくこと」の折り合いはつくのだろうか。
3)モノと人の関わりを時間軸で見た時、どのような「モノの終わり」もしくは「繰り返し」が良いのだろうか。
※3は1に含まれる問題意識ですが、1は人の生活に入って行くあり方、3は出て行くあり方についてです。

私(河野)自身の仕事を俯瞰しますと、UIとプロダクトを同時に見る事が出来たのは1の「モノと人との関わりにおいて、どんなかたちが幸せなのだろうか」という意識が常にあったからだ、と改めて感じました。
2については、ロングセラー志向に現れていると感じます。数年で切り替わるデザインにおいても、表面的な新しさとは別のレイヤーで、使用者の感じるものに一貫性を持たせたいと考える方です。
3については、具体的にこれだというものがまだありません。今後の自分に期待(?)しています。

意識的に「らしさ」をつくる
デザイナーの重要な仕事に意識的に「らしさ」を図ることがあります。メーカーやブランドのアイデンティティ−を創造したり、そのアイデンティティ−に沿ったデザインをするからですね。その場合にも「問い続けているテーマ」をしっかり捉えられれば大丈夫です。
もし、貴社のデザインにおいてうまく「らしさ」が表現出来ていないとお感じならば、「問い続けているテーマ」があるかを確認して見て下さい。もしそこに不安があるようでしたら、貴社が提案するものの背景にある問題意識を言語化してみてください。しっかり捉えられれば、「らしさ」への過剰な意識から離れる事が出来ます。これは朗報だと思います。

リセルバリューと再販市場 22024年02月23日 10:49

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

前回(1)の「リセルバリューを高めると良さそうだ、しかし、、」と言うお話の続きです。

早速ですが、リセルバリューを高める努力が、提供者側のデメリットになる要因をあげてみます。

【リセルバリューのデメリット】
1)購入の慎重化
リセルバリューの高い商品は、初期投資が大きい傾向がある。消費者はその価値が長期間にわたって維持されることを知っているため、購入する際により慎重になる。これは、消費者が購入を決定する前に、その商品が本当に必要か、または長期的に見て価値のある投資かどうかをよく考えるようになるため。
2)所有の価値再評価
リセルバリューが高い商品を所有することは、投資の側面もある。そのため、消費者は新たに商品を購入するよりも、既存の価値のある商品を大切に使用し、必要な場合にのみ新しい商品へと更新するという選択をしやすい。
3)再販市場の成長
リセルバリューの高い商品は再販市場での需要が高く、消費者は新品を購入する代わりに、中古品市場で同等の品質を持つ商品を探すことが増える。これは、新品市場の成長を抑制し、消費者が新商品の購入を絞る一因となる。
4)サステナビリティへの意識向上
環境への影響に対する意識の高まりは、消費者が不必要な新商品の購入を避け、長期的に使用できる商品に価値を見出す傾向を強化する。リセルバリューの高い商品は、その再利用や再販の可能性が高いため、サステナブルな消費選択として再販市場が魅力的になる。
5)経済的理由
経済的に合理的な消費者は、リセルバリューの高い商品を購入することで、将来的にその商品を売却し、投資した資金の一部を回収することができると考える。その結果、ここでも新商品の購入頻度が低下し再販市場を重視する傾向がある。
またこれらの現象は特に、高価な消費財や耐久性の高い商品の市場で顕著に見られるようです。

再販市場との付き合い:3つの選択肢
リセルバリューを高める努力は、長期的に見てもSDGs的な視点で見ても素晴らしいといえますが、同時に、新商品への需要を減少させる可能性があるという複雑な影響を市場にもたらし提供者側に多大な負担と我慢を強いるものでもあります。
再販市場とどう付き合うか。つくって売ってアフターサービスをする、の次の課題として重要です。
再販に対して講じる対処には、
1)再販禁止・不可
2)再販を管理下に置く
3)再販市場からのキャッシュフローを構築
の3つがありそうです。(厳格な販売管理については省略)
1の「再販禁止・不可」と2の「再販を管理下に置く」は、スポーツやコンサートのチケット売買では導入実績がありますね。また、ディーラーの認定中古車は2の一例でしょう。
3の「再販市場からのキャッシュフローを構築」の実例はなかなか思い当たりません。米国では図書館で貸し出されると作家さんにロイヤリティが支払われる仕組みがあるそうですが、中古市場でもそのような仕組みができるのが理想でしょう。それができれば「良いものを長く使う」ことがそのままSDGsでもあり、オリジナルを護る事にもなりますから。
法規や政策といった話になりやすい話題ですが、着目点として記憶に留めたいと思います。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.