ダメマシンクリニック59【トイレの洗浄ボタン:語差ボケ】2017年01月20日 13:30

みなさまこんにちは!

今週は寒かったですね!!
横浜は朝から雪が降ったり止んだりしています。今週の雪は積もるほどではありませんでしたが、暖冬は関東で大雪が降りやすいそうですから、雪に備えてスコップを出しておきましょうか、、気が早いですね(笑

さて、今週のダメマシンクリニックはこちら、パーキングエリアに設置された多目的トイレの洗浄ボタンです。

ダメマシンクリニック59【トイレの洗浄ボタン】

59 トイレの洗浄ボタン 01
洗浄ボタンの下に大きくダメだしされていますね。

59 トイレの洗浄ボタン 02
詳しく見て見ましょう。
1:表示(5カ国語)
英語、韓国語、中国語は繁簡を用意して本土と台湾に、日本語も平易に言いかえています。
各言語でどの程度の混乱を生じているのかは、私の語学力では判断しかねますが、もともとの表記の語彙が間違ってはいないが適切とは言えなかった、と推察できるでしょう。
言葉としては成立していてもその言語本来の表現と異なる例としては、、そうですね野球のランニングホームラン正しくは inside‐the‐park home runなどがありますね


【診断】

語彙の選定(翻訳)が原因ですので「語差ボケ」と診断します。
なお、前回の「字差ボケ」は文字自体の差違によるものでしたが、「語差ボケ」は表現方法の差違に起因するものです。


【処方】

では、処方です。
現状の応急処置で問題ありませんが、もうすこしすっきりとさせましょう。

処方01:表示による応急処置
表示を以下の様にします。
・元の表示を上書きする。
・その言語本来の表現に変更する。

59 トイレの洗浄ボタン 03

59 トイレの洗浄ボタン 04
誤解や混乱を招く表現は削除した方がよい、と言うのはこれまで何度も申し上げてきました。ここでもすっぱりと上書きしてしまいましよう。

ちなみに、水洗トイレの洗浄ボタンは迷う要素が少なく、この表示自体が必要ないのではないか、という考え方もありえます。実際になくても困らない方も多いことでしょう。
しかしここは他の文化圏の観光客が多いと推測され、流さない方*もいると考えると表示はあってよいでしょう。
* 流さない方:お国柄によってはそういう方が少なくないそうです(!)



ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.59
対象:トイレの洗浄ボタン
設置場所:高速道 谷川PAのトイレ
報告者:有限会社ディーエムシー
報告日:2017.1.20
症例:語差ボケ
ダメ度:-(応急処置で対応可能。)
応急処置:追加表示



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。

ダメマシンクリニック58【カフェの番号札:軽い字差ボケ】2017年01月13日 10:17

みなさま
おはようございます!

成人の日はみなとみらいで沢山の晴れ着やスーツの若者を見かけました。ちょっとやさぐれているのもおりましたが、総じて元気があっていいよね、という印象でした。(え?年寄りくさい?・笑)

さて、今週のダメマシンクリニックはこちら、駅ビル内カフェの番号札です。

ダメマシンクリニック58【カフェの番号札】

58 カフェの番号札 01
席で呼ばれるための番号札ですね。せっかくのしゃれたデザインにダメ出しが。
マシンではありませんが、利用者(お客さん)の行動を必要とするオペレーションシステムのインターフェイスと言えますので、診ていきたいと思います。

58 カフェの番号札 02
詳しく見て見ましょう。
1:表示(番号)
大きく書かれた番号が読めない方(勘違いする方)がいるのでしょう、「13」と重ねて表示されています。ダメだしされているということは、少なくともクレームがついたことがあるのでしょう。見方によっては、「23」「28」あたりと迷うかもしれませんね。

しかし、多少の読みにくさがあるとはいえ、ちょっと面白い書体です。他の店舗ではこの様なことはないようですので、ここ(駅ビル)の利用者さんたちとあっていなかった、ということなのでしょう。


【診断】

番号の書体選定(デザイン)に課題があるといえますが、使い続けることで慣れていく可能性を有します。「軽い字差ボケ」とみてよいでしょう。


【処方】

では、処方です。
標準的な書体で補足された、現状の応急処置で問題ありません。
以下に、もう少しデザイン的な配慮をした処方をあげておきます。

処方01:表示による応急処置
表示を以下の様にします。
・補足の「13」をルビの位置に置く。
・店名のロゴタイプと同じ(もしくは似ている)書体を使う。

58 カフェの番号札 03

58 カフェの番号札 04
現状の番号は「読む人により読めるかどうか判らない」状況です。これは難読漢字と同じ扱いがもっとも自然ですので、ルビが収まる位置(上部中央)が良いでしょう。
書体をあわせるのはその方が整って見えるからです。カフェのような空間では整っているものは整っている方が高印象になります。
書体は手持ちの中のから似ているものを選べばよいでしょう。手持ちの書体が少なくても、明朝よりゴシック、細字より太字、というように寄せていくと失敗がありません。
私の手持ちの中ではモリサワの「G2サンセリフ」が良さそうでしたので、上の写真にはそれを使っています。


ところで、ここで言う「字差ボケ」とは、文化習慣の異なる地域間で見られる、文字の微妙な表記の差違とそれに起因する誤解のことを指しています。

58 カフェの番号札 05
上はコペンハーゲン(デンマーク)、下はバルセロナ(スペイン)の値札です。
上のふたつ、左から「449」「10」「35」です。皆さまは間違いなく読めると思いますが、左の「9」右の「1」は、この様に書く方は少ないことでしょう。
下の2つはいかがでしょう?左から「19'35」「11'4」です、たぶん(笑)
この「1」は、私たちには「s」「r」「&」あたりにも見えるのではないでしょうか。

本件の「13」はクラシカルな書体を手書き風にアレンジしたものですが、「日本語の中にあるアラビア数字」に親しんでいると、読み分けが案外難しくなってしまうのかもしれません。



ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.58
対象:カフェの番号札
設置場所:JR桜木町駅 駅ビル
報告者:有限会社ディーエムシー
報告日:2017.1.13
症例:軽い字差ボケ
ダメ度:-(応急処置で対応充分。慣れていく可能性あり)
応急処置:追加表示



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。

ダメマシンクリニック57【ビル地下の駐車場精算機:配置失調】2017年01月06日 20:00

みなさま
新年明けましておめでとうございます!
皆さまにとりまして本年が素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。

みなさまはどんなお正月でしたでしょうか?私はできる範囲でお節を作り、完璧ではなくてもいつもより丁寧に掃除をして、家族そろってゆっくりした年末年始でした。今年も思い出に残るよい年になりそうです。

さて、新年第一回目のダメマシンクリニックはこちらです。横浜はみなとみらい、ランドマークタワーの地下駐車場に設置された精算です。こちらは複数の方からご指摘頂いておりまして、「ああ、あれね」とお心当たりのある方もいらっしゃることでしょう。

ダメマシンクリニック57【ビル地下の駐車場精算機】

57 ビル地下の駐車場精算機 01
出口ではなく、施設との接続口に設置してある事前精算機ですが、雑然とダメ出しがされていますね。

57 ビル地下の駐車場精算機 02
詳しく見て見ましょう。
1:案内(自動ゲート)
2〜3:注意書(上限料金)
4:表示(係員呼出)
5:注意書(パスモ)
6:注意書(サービス券)
7:注意書(領収書)
8:注意書(パスモ)
9:注意書(サービス券)
多数のダメ出しが、重層的に追加されていますね。以下はダメ出しではありませんが、、
10:案内(自動ゲート)
注意書(利用案内)
これらもあわせて整理していきましょう。

57 ビル地下の駐車場精算機 03
一度、ダメ出しを取ってみました。いかがでしょう、どの様にお感じになりますか?

57 ビル地下の駐車場精算機 04
多くの方は配置がバラバラで、使いやすいとは感じないのでしょうか。
散在した配置は、それだけで見にくくなってしまいますね。一つ一つが整っていないことで、操作手順(駐車券挿入→支払い→受け取り)との関連性を感じさせません。これは「ひとつひとつの操作の度に、次はどこを触るべきかを探す」ということを強要し、かつ必要な情報へのアクセスを難しくさせています。
また、確認すべき案内が操作手順の中に混在しているため、多数の見落としを誘発していることでしょう。
この散漫な配置が混沌の原因であることは間違いなさそうです。(同様の例を昨年ご紹介しておりますのでそちらもあわせてご覧ください。)

しかし、あの多層的で強い口調を感じさせる注意書は、それ以上に「この駐車場の運用の複雑さ」を表しています。書き出してみますと、、
・事前精算ではゲートが自動で開く。
・20分を過ぎると追加料金が発生する。ゲートも自動では開かない。
・割引サービスは所定のサービス券のみで、他の割引はできない。
・サービス券投入後の取消しはできない。
・上限料金が適応される範囲は平日の指定時間のみで、それ以外は正規料金となる。
・パスモと現金は併用できない。残高不足でも利用できない。
・駐車券は領収書を兼ねる。

・・ふう、、利用者と最も深く関わる接点は「精算」ですから、そのタイミングでこの複雑で重要な情報を伝達したくなるのは自然なことと思えますね。

もともとの配置が散漫であるため、要望がある毎に、開いた空間を埋めるようにダメだしされていったのでしょう。悲劇というより喜劇ですが、笑える話ではありませんね。。


【診断】

案内を含めた表示類と、駐車券挿入口やコイン投入口などの各モジュールの配置が操作を考慮したものになっていないことから「配置失調」と診断します。


【処方】

では、処方です。先に紹介した以前の症例と同じ方針がよいでしょう。
応急処置では混乱を招く要素を整理します。
治療では、運用上の告知とマシンの操作とを分け、操作手順に沿って配置を整えます。

処方01:応急処置
応急処置(追加表示)は以下の様にするのがよいでしょう。
・注意書を一つにまとめる。
・誘導(事前精算のすすめ)は遠くからでも見やすい位置とサイズで表示する。
・重複する表示を消す。

57 ビル地下の駐車場精算機 05

57 ビル地下の駐車場精算機 06
多数の注意書は一ヶ所にまとめる方が圧倒的に探しやすいのです。「関連事項の近くに置く」という方法がここでは混乱を招くため、(親切心からであっても)重複するようなことのないように気をつけましょう、
また、事前精算機を利用するメリットを伝える案内は、この精算機で精算するかどうか決めていない利用者にも見やすいよう、精算機から離れていても見やすい位置に大きく表示するのがよいでしょう。

マシンは「精算」のみの単一目的のものですから、本来はそれほど難しくないはずです。ですので操、混乱を招いている「運用に関する情報」を操作から切り離すのが良いのですね。


処方02:治療
配置失調はメーカーで治療しないとなりません。以下の様にされるとよいでしょう。
・運用に関する情報をマシンの外へだす。
・操作の流れにそって配置を整える。
・段差をまとめる。

57 ビル地下の駐車場精算機 07

57 ビル地下の駐車場精算機 08
精算機の横に「案内板」を設置し、運用に関わる細々とした情報をまとめて、図解などを用いて判りやすく表示するのがよいでしょう。インターフォンも案内板近くに設置します。
精算に関して疑問を持った利用者はじっくりと確認して頂き、精算機は利用者の一人当たりの時間の短縮の短縮が期待できます。

精算機の各モジュールは操作の流れに沿って配置を整え、全体を見やすく理解を容易にします。なお、注意喚起の黄色は、最初に必要な「駐車券挿入口」のみに用います。

また、「コインのモジュール」を収めるための段差はひとまとめにした方がすっきりするでしょう。(紙幣挿入口のシャッターがこの段差にかかる場合は、前面パネル全体を下に延ばすとよいでしょう。)

ダメだしされている本機(とその仲間たち)は各地で見かけます。色々な運用に堪えるシステムだからこその事象と推察いたしますが、だからこそ、UIへの配慮が必要だと言えるでしょう。


ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.57
対象:ビル地下の駐車場精算機
設置場所:横浜みなとみらいランドマークタワーの駐車場
報告者:ディーエムシー、M.K.他
報告日:2017.1.6
症例:表示失調
ダメ度:×××(治療が望ましい)
応急処置:表示修正
治療方針:外科「再配置」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。

ダメマシンクリニック56【トイレの非常呼び出しボタン:表示失調】2016年12月09日 23:59

みなさまこんばんは!

インキュベーションサイトがニュースになっております。
「偽物の情報を集めると簡単に儲かる」という現象は昔からあるわけですが、どんなに技術が進んでも、いやもしかしたら技術が進めばいっそう先鋭化する、ということなのでしょう。古典や歴史に通じて人を知るということが大切ですね。。

さて、今週のダメマシンクリニックはこちら、駅の多目的トイレ内に設置された非常呼び出しボタンです。

ダメマシンクリニック56【トイレの非常呼び出しボタン】

56 トイレの非常呼び出しボタン01
「非常時に押して下さい」の大きな誘導表示が2ヶ所あり、近接したボタンのひとつにダメ出しがされています。

56 トイレの非常呼び出しボタン02
詳しく見て見ましょう。
1:表示(非常用ボタン)
大きな誘導表示があるにもかかわらず、ボタンの上に改めて追加表示されています。
ボタンを確認してみます。

56 トイレの非常呼び出しボタン03
ボタンには「ON・OFF」とだけ書かれています。汎用のものを流用したのでしょう。これだけを見ますと、確かに何のボタンかわかりません。
(写真はダメ出しのない左下のもの)

56 トイレの非常呼び出しボタン04
しかし、一番目立つように「非常時に押して下さい」と書かれています。これが伝わっていないのでしょうか?

前回の例を参照しますと、わずかな距離でも表示と物の関係が伝わらないことがありえます。
誘導表示の目を引く「」が何かのヒントにはなっていず、その下にふたつある流すボタンや手洗いとの明瞭な境界がないこともあって、ぱっと見ただけでは伝わらない方が多いと推察します。


【診断】

ボタン自体に非常用の表示がなく、誘導表示も伝わっていないので「表示失調」と診断します。


【処方】

では、処方です。
明確にボタンが非常用であることを表示し、誘導表示との関連性を強化します。

処方01:応急処置
表示を以下の様にします。
・パネル全体を覆うように大きく「非常ボタン」と表示する。
・ボタンの上に」を表示する。

56 トイレの非常呼び出しボタン05

56 トイレの非常呼び出しボタン06
ボタン上に」を描くことで、視覚的に目立たせるとともに、誘導表示が「非常時にはを押す」という意味に変化し誘導先が明確になります。(具体性の強化)


さて、今日の診療で今年のダメマシンクリニックを休院させて頂きます。本年も当クリニックをご愛顧賜りありがとうございました。みなさま、素晴らしい新年をお迎えください。



ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.56
対象:トイレの非常呼び出しボタン
設置場所:駅の多目的トイレ(横浜市内)
報告者:ディーエムシー
報告日:2016.12.9
症例:表示失調
ダメ度:×(応急処置で対応可だが、根本的にはリデザインが必要)
応急処置:表示追加



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。

ダメマシンクリニック55【引き戸の自動ドア:誤設】2016年12月02日 23:59

みなさまこんばんは!

師走になりまして街のあちこちに年末らしい空気が流れ始めました。気ぜわしい気持ちをちょっと引き締めるきりっとした空気、私は結構好きです。

さて、今週のダメマシンクリニックはこちら、温泉施設内の引き戸タイプの自動度ドアです。

ダメマシンクリニック55【引き戸の自動ドア】

55 引き戸の自動ドア01
浴場の入り口が自動ドアになっていますが、複数個所ダメだしされていますね。

55 引き戸の自動ドア02
詳しく見て見ましょう。
1〜3:誘導表示(スイッチ)
何ヶ所も「スイッチを押して」と誘導しています。
このちょっとした距離が、利用者さんを惑わせているのですね。

ただ、自動ドアのスイッチは戸(扉)の取っ手のある位置にあるのが一般的です。何故そうしなかったのでしょう、ここでは特別な事情があるのでしょうか?ちょっと調べてみました。

55 引き戸の自動ドア03
逆側は戸の上に設置されています。
こちら側にもダメ出しがありますね。(4)

55 引き戸の自動ドア04
戻って全体を見ますと、やはりそうでした。
戸が全開した時に、戸の上にスイッチがあると段差に当たってしまうのですね。それでスイッチを戸の上から避けた、というのがこちらの事情のようです。

ここで設置時の状況を確認してみましょう。

55 引き戸の自動ドア05
このスイッチの位置、一見悪くなさそうにも思いますが絶妙に遠いんですね。
実際に、自動ドアとは思わず手をかけて開けようとした、という傷跡が沢山ついています。木製の大きな戸ですし、目の前に立っても開かないですから、「これは手動の引き戸である」と思えてしまうのでしょう。

思い返しますと、自動ドアが登場した時は、取っ手の位置に「自動」と書かれていました。今でも多くを見かけることが出来ます。その後、センサーではなくスイッチで開閉させるタイプのものが登場しますと、取っ手の位置にあった表示がスイッチになりました。
ここで大切なことは、スイッチの「自動」という表記が、「ここは自動ドアである」という表示を兼ねていたということです。

今回の症例を見ますと、スイッチが視野の中にあっても「ここが自動ドアである」ということを伝えられる場所が実に狭い範囲だということが判ります。なかなかシビアですね。


【診断】

スイッチの位置が混乱の原因ですので「誤設」と診断します。


【処方】

では、処方です。
応急処置では誘導表示を行います。
治療はスイッチを適正な場所に移設するのがよいでしょう。

処方01:表示による応急処置
表示を以下の様にします。
・複数が散在している現在の追加表示をなくす。
・目に付きやすいところに一ヶ所、大きく表示する。

55 引き戸の自動ドア06

55 引き戸の自動ドア07
戸とスイッチの間に大きく誘導表示をします。
手動と思って手を伸ばした先の視野に、誘導表示が入りやすいこの位置がベストです。
表示を一つに絞るのは勇気がいりますが、迷わせる要素がないことの方が大切なのですね。

また、この図のようにパネルを使って戸とスイッチの間を埋めることができますと、戸とスイッチの関係性が強く感じられます。(接続される、とも言えます。)


処方02:応急処置
応急処置ではありますが、メーカーではなく現場にて可能な治療方法があります。スイッチを戸のごく近くに移設させるのです。
・戸のすぐ横、枠の上にスイッチを移設する。
・この際、スイッチが設置できるよう壁との段差を埋める台座を加設しておく。

55 引き戸の自動ドア08

55 引き戸の自動ドア09
手が行く場所に出来るだけ近く設置することが重要です。
移設する「枠」は戸の一部と捉えることも出来ます。台座を木質で作るなどして、出来るだけスイッチが「戸の一部」と感じてもらえる様工夫しましょう。


処方03:治療
根本的には、メーカーにてスイッチを戸の上に移設するのが望ましいです。
・戸の上、取っ手のある位置にスイッチを移設する。
・戸が全開してもスイッチが当たらないよう、戸の移動量を調節する。

55 引き戸の自動ドア10

55 引き戸の自動ドア11
これが自然ですね。

ただ、停電などで戸を力づくで開ける場合などは、スイッチが段差にあたって壊れることもあり得ます。そのような場合に備えて物理的なストッパーの加設もあるとなお良いでしょう。



ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.55
対象:温泉施設の引き戸の自動ドア
設置場所:長野県南西部
報告者:有限会社ディーエムシー
報告日:2016.12.2
症例:誤設
ダメ度:××(応急処置で対応可能だが治療が望ましい)
応急処置:表示修正
治療方針:外科「移設」「移動量調整」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.