リセルバリューと再販市場 22024年02月23日 10:49

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

前回(1)の「リセルバリューを高めると良さそうだ、しかし、、」と言うお話の続きです。

早速ですが、リセルバリューを高める努力が、提供者側のデメリットになる要因をあげてみます。

【リセルバリューのデメリット】
1)購入の慎重化
リセルバリューの高い商品は、初期投資が大きい傾向がある。消費者はその価値が長期間にわたって維持されることを知っているため、購入する際により慎重になる。これは、消費者が購入を決定する前に、その商品が本当に必要か、または長期的に見て価値のある投資かどうかをよく考えるようになるため。
2)所有の価値再評価
リセルバリューが高い商品を所有することは、投資の側面もある。そのため、消費者は新たに商品を購入するよりも、既存の価値のある商品を大切に使用し、必要な場合にのみ新しい商品へと更新するという選択をしやすい。
3)再販市場の成長
リセルバリューの高い商品は再販市場での需要が高く、消費者は新品を購入する代わりに、中古品市場で同等の品質を持つ商品を探すことが増える。これは、新品市場の成長を抑制し、消費者が新商品の購入を絞る一因となる。
4)サステナビリティへの意識向上
環境への影響に対する意識の高まりは、消費者が不必要な新商品の購入を避け、長期的に使用できる商品に価値を見出す傾向を強化する。リセルバリューの高い商品は、その再利用や再販の可能性が高いため、サステナブルな消費選択として再販市場が魅力的になる。
5)経済的理由
経済的に合理的な消費者は、リセルバリューの高い商品を購入することで、将来的にその商品を売却し、投資した資金の一部を回収することができると考える。その結果、ここでも新商品の購入頻度が低下し再販市場を重視する傾向がある。
またこれらの現象は特に、高価な消費財や耐久性の高い商品の市場で顕著に見られるようです。

再販市場との付き合い:3つの選択肢
リセルバリューを高める努力は、長期的に見てもSDGs的な視点で見ても素晴らしいといえますが、同時に、新商品への需要を減少させる可能性があるという複雑な影響を市場にもたらし提供者側に多大な負担と我慢を強いるものでもあります。
再販市場とどう付き合うか。つくって売ってアフターサービスをする、の次の課題として重要です。
再販に対して講じる対処には、
1)再販禁止・不可
2)再販を管理下に置く
3)再販市場からのキャッシュフローを構築
の3つがありそうです。(厳格な販売管理については省略)
1の「再販禁止・不可」と2の「再販を管理下に置く」は、スポーツやコンサートのチケット売買では導入実績がありますね。また、ディーラーの認定中古車は2の一例でしょう。
3の「再販市場からのキャッシュフローを構築」の実例はなかなか思い当たりません。米国では図書館で貸し出されると作家さんにロイヤリティが支払われる仕組みがあるそうですが、中古市場でもそのような仕組みができるのが理想でしょう。それができれば「良いものを長く使う」ことがそのままSDGsでもあり、オリジナルを護る事にもなりますから。
法規や政策といった話になりやすい話題ですが、着目点として記憶に留めたいと思います。

リセルバリューと再販市場 12024年02月21日 10:41

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

「中古市場に出さない」という応援
先日妻が書籍を処分する際、ブックオフや買い取りサイトを使わず「古紙回収」に出していました。分量があったのでなぜお金にしないのかと聞きますと、
「中古市場からは作家さんに一円も入らない。読みたくなったらまた新刊を買う。これが大好きな作家さんに書き続けてもらうためには一番必要なこと。」
ですって。なるほどと思いました。著作者保護の視点からみると、中古市場は全くの無法地帯ですものね。

そこでデザインにおけるリセルバリューを考える前に、リセルバリューについておさらいしてみます。

【リセルバリュー】
商品や資産が市場で再販売される際に持つ価値のこと。つまり、購入した時点の価格と比較して、将来的にその商品がどれだけの価値を保持または増加するかの見込みのこと。リセルバリューが高い商品は、購入後に手放す際にも元の価格に近い価格、あるいはそれ以上で売却できる可能性がある。

【リセルバリューが高くなりやすい製造方法、素材、仕組み】
1)限定生産
限定版や特別版など、生産数が限られている商品は希少性が高く、リセル市場での価値が上がりやすい。
2)高品質の素材
貴金属は素材としての価格相場がある。また、耐久性が高く、長持ちする素材で作られた商品は、時間が経っても価値が下がりにくく、リセルバリューが保持されやすい。
3)クラフトマンシップ
手作業による高い技術や熟練した職人による製造過程は、一般的な量産品とは異なる独自性と価値を生み出し、リセルバリューを高める。
4)ブランドの価値
一部の高級ブランドや著名なデザイナーの商品は、ブランド自体の知名度やステータスによりリセルバリューが高まることがある。
5)収集可能性
コレクターズアイテムやアート作品など、収集価値のある商品は、時間が経つにつれてその価値が上昇することがある。
6)維持・保管のしやすさ
劣化しにくい、または適切な保管によって状態を良好に保てる商品は、リセル時に高い価値を維持しやすい。

【消費者のメリット】
リセルバリューを持つ商品は、購入者にとって将来的に資金を回収する機会を提供するため、リセルバリューを重視する消費者にとって魅力的な選択肢となる。

【提供者のメリット】
1)ブランドの価値向上
リセルバリューが高い製品をデザインすることで、そのブランドの製品が質が高く、長持ちするという印象を消費者に与える。これはブランドイメージの向上に寄与し、新規顧客の獲得や既存顧客のロイヤリティ強化につながる。
2)持続可能性への貢献
リセルバリューを意識したデザインは、製品が長く使われることを促し、廃棄物の削減に貢献する。これは環境保護の観点からも重要であり、社会的責任を果たす企業としての評価を高める。
3)消費者の信頼獲得
製品が再販市場で価値を保持することは、購入時のリスクを軽減する。消費者はその製品が価値のある投資であると感じ、ブランドへの信頼を深めることができる。
4)購入動機
消費者は使用後も製品から経済的価値を回収できるという期待値は、購入の決定要因となり得る。
5)市場での競争力強化
リセルバリューの高い製品をデザインすることは、競合との差別化を図り、市場での競争力を高める手段となうる。消費者はより良い価値を提供する製品を選びたいと考えるため、そのような製品を提供するブランドに注目が集まる。

以上のように、リセルバリューを高める努力は、製品のデザインにおいて長期的な価値を提供することを目指し、消費者、ブランド、そして環境にとっても利益をもたらすように見えます。しかし、先週ご紹介した記事「IITTALA事件 「大量廃棄」は高コストの贅沢に」にあるように、イッタラの様なブランド価値が高くリセルバリューのある製品を多く揃えていると思われる企業にも大転換がありました。冒頭の中古市場が作家を苦しめる構図が思い出されます。もう少し考えて見ましょう。

次回(2)につづく

リセルバリューと投資2024年02月19日 10:15

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

前回は手放す時に「生活を回すモノ」に価値転換が起きる話をしました。リセルバリューがあればキャッシュに交換出来ますし、なにより捨てなくて済みます。
一般にリセルバリューとは、商品や資産が再販される際の価格のことを指します。普通、中古品は新品に比べて価格が低くなる傾向にあります。しかし、金、株、アート作品、不動産など一部の商品や資産は、新品時や購入時よりも売却時の価格が上がることがあります。これらはよく知られた投資対象となり得るモノたちです。

リセルバリューを意図するか
当然、デザインするものが投資対象であれば、投資価値を高めることを考慮する必要があります。
一方で、投資対象でない場合でも、その市場の性質からリセルバリューをある程度考慮する必要があるかもしれません。そしてこれは単にリセルバリューを高めればいいという話ではありませんけれど。

いずれにせよ、デザインプロセスにおいては、単に商品の機能性や美しさだけでなく、その商品が将来的にどのような価値を持つことができるか、またその価値がどのように変動する可能性があるかを見極めることは、忘れてはならないことでしょう。消費者にとって長期的な価値を提供することが大切なのですから。

「好き嫌い」の力 私が「好き」と言える人を応援する理由2015年11月07日 11:14

みなさまの「大好きなもの」は何でしょう?
何をおいてもこれがやりたい!こういうことがしたい!ということはありますか?
私は仕事や子育てを通して「好き」は案外難しいものである、と思うようになりました。

経験則から申しますと、複数のデザイン案の中から最適なものを選ぶ際、「どれが良いですか?」という問いにスパッと答えられる人は少ないのです。初めはデザインの力不足が原因と思っておりました(もちろんその側面もあります)が、そうでもないことが多かったのです。

また、「好きでいくらでも続けられること」を尋ねますと、これだ!と言うものをすぐに挙げられない方も多いようです。
思春期のころ「好きなことをやってみよう」と言われても「それがよくわからない」と感じた方は多いかもしれません。

好みを言うのは憚れる、という感性もありますね。しかしそれだけなのかしら、、。

逆に「嫌い」はいかがでしょうか。例えば、多少の差があっても食べ物の好き嫌いがある方は少なくないと思います。そして「好き嫌い」と申しますが、実際は苦手なものをさして言いますね。好き嫌いとはつまり「嫌いなものがある」ということです。

たとえ話ですが、「大好きな食べ物」と「大嫌いな食べ物」を混ぜたものは食べられますか?ほとんどの方が「台無し!」と怒ったり残念がったりして手が付けられないです。つまり、「好き」より「嫌い」が勝ってしまうんですね。「嫌い」って強いんです。

回りくどい話をしましたが、私たちは「嫌い」により強く感応するように出来ています。危険を察知して忌避することで生き延びてきた、、とDNAに刻まれたことなのかもしれませんね。
何かを成し遂げる修業には古来「戒」が用いられてきました。理に適っていると感じます。またデザインを選ぶ時も「ダメなものを落とす」方(不美人法)がはるかに高精度です。
その分野の「専門性がない人」が精度を上げるために「嫌い」を利用する方法は有効なのです。

しかし、ネガティブな感性を磨きすぎますと、新しい価値を見落としたり創造性を失うことも指摘されています。(確証バイアスなど)

商品の値段や真贋をあてさせるテレビ番組が沢山ありますが、結構難しいですよね。いいと思っていたモノでもその値段が低いと知らされると、たちまち自信を失ってしまいます。「値段」という客観性のある価値観の前では自身の好みという主観は脆弱なのですね。

ですから、「これが好き!」と迷いなく言える方は、その価値観を長い間の努力を通して獲得した可能性が高いのです。
そしてそういう方は「こういうものが欲しい!」「こういうことをしたい!」という、まだ目に見えない価値に気づくことがあります。そしてその感性の向こう側に大勢の「まっている人」がいるのです。

私の友人の中には沢山「好き!」「これが欲しい!」と言える方がいますが、代表格の松本美佐さんをご紹介させて下さい。
松本さんはお菓子教室を運営、後進を育てる中で、教室運営に関連する社会的な課題とその意義に気づき、教室運営アプリ(顧客管理システム)を開発するに至りました。開発中も一貫して「これがしたい!」という芯を持ち続け、皆に喜んで使って頂けるところまであと一歩まで迫っています。
リリースしたら、ぜひ触って見て下さい。
そして、「好き」がいえる人の力を感じて頂ければ嬉しいです。

テトコ:https://www.facebook.com/tetocosystem/


ちなみに自分にとって「本当に好きなこと」の見分け方は「手抜きをしない」です。例えば「ゲームが好き」だとしても攻略法を検索したり強い武器を買ったりする人は、そこそこ好き、くらいかもしれませんヨ。。

過去記事:不美人法
http://dmc.asablo.jp/blog/2009/07/17/

AppleWatch効果? 集団的認知2015年05月11日 10:06

SWR30
ソニーのSWR30をつけて5ヶ月ほどですが、「お、それは何ですか?」と聞かれる様になったのはつい最近(4月)のことです。私が薄着になったから?とも思いましたが、それほど服装は変わってなくて(冬でも比較的薄着です)。
AppleWatchがニュースを賑わして「スマートウォッチ」が認知されたからでしょうか、、と思わせるタイミングです。

「ある象徴的な事象が集団の中で認知されると、その事象やその事象に関連する項目の分解能が、その集団内全体で向上する」という現象は幾度か経験しております。このあたりは「流行」という切り口で沢山の考察があるように思います。

疑似科学にならない客観的な説明は乏しいようですが、「集団が持つ認知システム」というものが、今はまだ合理的な説明がつかないだけで、それはそれである気がしています。

これは、UIデザインを実施する際に考慮しなければならないのですが、「こういう事ってあります」のように事実の羅列で申しあげるしかないのが難しい所です。勉強不足かもですけれど。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.