書体ハント@ミュンヘン その3-碑文・告知・サイン・商品-2018年04月05日 09:52

三日連続でお送りするミュンヘンの文字たち、いよいよ最後になりました。今回は碑文や告知などの公共の場で読ませるものとサイン、そして商品と売り場の文字たちです。早速どうぞ。

書体ハント@ミュンヘン_碑 02
ミュンヘンの教会の壁に、貢献した方々や聖人を讃えるためでしょうか、大きさもデザインも異なる碑が沢山並べられていました。こちらは女性的なレリーフが特徴的。

書体ハント@ミュンヘン_碑 03
こちらは髑髏が彫られています。文字もこころなしかおどろおどろしく。

書体ハント@ミュンヘン_碑 04
距離感もまちまちで、ぴたっと横ずけしているものもあります。

書体ハント@ミュンヘン_碑 01
美しい文字だけのシンプルなものも。どれも屋根がほどこされていました。

書体ハント@ミュンヘン_碑 05
レジデンツ(宮殿)近くの大きな建物に掲げられたもの。大きな建物には時々このような碑文の彫られた石盤が見られました。

書体ハント@ミュンヘン_碑 06
中心街の通りに置かれた銅像の碑文。ジャーナリストだそうです。

書体ハント@ミュンヘン_告知 01
オーバーアマガウ村のレリーフつき告知看板。今年(2018)11月の展示会のもの。木工が有名だそうで、あちこちに作品が置かれていました。

書体ハント@ミュンヘン_告知 02
ブロイハウス(ビール醸造所)の案内文。手書きで味があります。

書体ハント@ミュンヘン_告知 03
iF賞の受賞者一覧。赤文字で一杯になった壁面がひとつの象徴となっているそうです。

書体ハント@ミュンヘン_サイン 01
ノイシュバンシュタイン城近く、ホテル内にあったトイレのサイン(男性)です。レタリングが美しいです。

書体ハント@ミュンヘン_サイン 02
ノイシュバンシュタイン城の見学コースの最後、出口のサインは手書きでした。
毎年改装が行われる南ドイツ屈指の観光地ですのに、この素朴な文字がそのまま使われているのが楽しかったです。

書体ハント@ミュンヘン_サイン 03
こちらは、ミュンヘン中心部の大きな文具店の案内表示。先端が丸い文字、かすれやすい環境には無難ですね。

書体ハント@ミュンヘン_サイン 04
アパートメントホテルの部屋番号。「5」が特徴的。

書体ハント@ミュンヘン_商品 01
ここから売り場の中に入ります。これはチーズ。セリフのしっかりした太文字で、これは結構見かけた印象があります。

書体ハント@ミュンヘン_商品 02
ハムは万年筆で走り書きしたような文字。手作り感の現れなのでしょうかね。

書体ハント@ミュンヘン_商品 03
マグカップのパッケージ。竹入の樹脂製品なので、なんとなくアジア(台湾)を意識している感じがしました。

書体ハント@ミュンヘン_商品 04
日本のイメージはこちら。派手ですね。

書体ハント@ミュンヘン_商品 05
八百屋さんの手書きの値札。小さいところに情報を詰め込んで、手慣れた感じがします。

書体ハント@ミュンヘン_レジ 01
最後はレジの表示です。さりげないことですけど、ユーロマークが7セグ数字にあわせて少し細身にアレンジされています。

いかがでしたでしょうか?
私は写真を見返して「またミュンヘンに行きたい」と旅情を募らせております。(笑)

書体ハント@ミュンヘン その2-公共・交通-2018年04月04日 10:10

引き続きましてミュンヘンの文字たち、今回は公共の表示や注意書きと交通機関周辺です。早速どうぞ。

書体ハント@ミュンヘン_公共 01
「新市庁舎」の大きなドアの上に彫られた金文字は威厳があります。

書体ハント@ミュンヘン_公共 02
ニュンヘンブルク城の案内板。そっけないほどにすっきりしたサンセリフ(ヒゲやハネのない書体)。

書体ハント@ミュンヘン_公共 03
こちら街中の公園には小さめ白文字のビジネス風。子供の遊具が並ぶ公園でもサインはすっきり。

書体ハント@ミュンヘン_公共 04
公園の端に設置された古着のリサイクルボックス。セリフ(ヒゲやハネ)のついた太文字。左のベージュのものは素材と色で細かく別れたリサイクルボックスで、これがずらりと並んでおりました。

書体ハント@ミュンヘン_公共 05
電線を見かけない街ですから、横断歩道脇の箱は電源関係の設備でしょうか。管理番号と思われるパネルは、他で見てきたものの主張具合からしますと少し強く感じました。遠くから視認する必要があるのかもしれませんね。

書体ハント@ミュンヘン_公共 06
工事現場の注意書き。タイトル部分の書体がユニークです。マーク、アイコン類は省略は中程度、デフォルメは強め、面と線の対比が激しいのが特徴的です。

書体ハント@ミュンヘン_公共 07
「致命的な高電圧に注意」だそうです。致命的な割にさりげない、と感じるのは日本人の感覚なのでしょうね。

書体ハント@ミュンヘン_公共 08
石畳に設置された30cm角くらいの鉄蓋です。Fernwärmeは「地域暖房」ですって。

書体ハント@ミュンヘン_公共 09
反射素材を縫いつけた文字は太いサンセリフで、暗闇の中でも大変見やすいものです。
広場の政治集会を警察官がやや遠巻きに取り囲み、一人一人の顔がよく判るようにビデオを回していました。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 01
地下鉄の駅名は細めのサンセリフ。大文字の「O」の縦長で丸いフォルムや、小文字の「y」「t」の先端が真っ直ぐ開いたままの字画が特徴的です。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 02
同じ駅の案内板。おや、フォルムが微妙に違いますね。書き文字のタッチを残した太めのサンセリフで、小文字の「l」「y」の字画の先端が曲がっていますし「i」は縦線の上端にヒゲがついています。
これは新旧の書体が混ざってしまっているのでしょうか?京浜急行などでもみられましたが、段階的な掛け替えの最中なのかもしれません。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 03
打刻器。信用乗車方式と呼ばれる改札のないシステムは、乗客が自分で切符に打刻します。駅の案内板と同じでした。こちらが新しい書体のようです。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 04
トラム(路面電車)の行き先はLEDのドットマトリクス。「1」や「t」などに識別性への配慮を感じます。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 05
トラムストップ(停留所)の案内板は液晶のドットマトリクス。解像度が低いので書き分けやすい大文字になっています。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 06
やや古い型の車両のトラム内のドアボタン。縦長の極太文字を光らせた上にコントラストも高くないので潰れて見えます。新しい車両にはありませんでした。

書体ハント@ミュンヘン_道路 01
市内の路名案内は街並みに似合うクラシカルなものでした。

書体ハント@ミュンヘン_道路 02
こちらはノイシュバンシュタイン城に上る坂道のもの。視認性の良いしっかりしたサンセリフです。

書体ハント@ミュンヘン_道路 03
こちらはオーバーアマガウ村の車両用の道路案内。小さめの文字でやや雑然とした印象です。

公共文字の主流はやはりサンセリフでしたが、統一された、もしくはデファクトスタンダード的な書体がないようです。それでもそれほどノイジーな印象はありませんでした。
これは日本人の私の書体への感性が鈍いからなのか、それともドイツ人はこれ(統一されていないこと)を嫌っているのか。機会があったら確かめてみましょう。

あともう1回続きます。

書体ハント@ミュンヘン その1-看板-2018年04月03日 14:56

3月前半、先週までの-15℃から一気に温かくなったタイミングで訪れたミュンヘンは、冷たい風の中にも爽やかさをまとう気持ちのいいところで、飛行場から宿に着くまでの短い間にも、町並みやすれ違う人々から落ち着きが感じられます。

日を重ねてみますと、信用乗車方式(信用改札とも)で運賃も統一された快適な交通網からは、徹底した「合理性と利便性への本気]を、駅前の書店や日曜日に店が閉まるスーパーからは、「便利さで失うものへのセンス」を感じさせます。

成熟とそれを守る制度があってのことではありますが、暮らす人々の無意識にまで根を下ろした感性に敬服いたしました。

そんな風に感じ入りますと、何気なく見かけるディテール全てが気になって参ります。そこで、ここでは文字たちに的を絞ってご紹介しようと思います。

まずはお店や施設の看板たち。新旧彫刻手描きネオンなどおりまぜまして、一気にどうぞ。

書体ハント@ミュンヘン_看板 01
老舗ブロイハウス(醸造所)。素朴で力強い。

書体ハント@ミュンヘン_看板 02
ご存知パウラナー(白ビールの有名ブランド)のマークの下に店名が入るもの。
大分趣は異なりますが、日本ならビール銘柄が大きく書かれたスナックの看板みたいなものでしょうか。

書体ハント@ミュンヘン_看板 03
同様にビールのマーク(左下)が入った看板ですが、レストラン名の方が大きく書体も少しモダンに。

書体ハント@ミュンヘン_看板 04
ホテルの路地側に出している看板。錆も味になっています。

書体ハント@ミュンヘン_看板 05
ここはミュンヘンからさらに南のOberammergau(オーバーアマガウ村)という観光地のカフェ。このカリグラフ風の書体は沢山使われていました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 06
ミュンヘンのビアホール。書体と外形に統一感。

書体ハント@ミュンヘン_看板 07
ハッカーブロイ(ハッカー醸造所)の店内(かつては裏路地だった場所に屋根が付けらた席)にれかけられた古いマーク。この飾りっけの無い文字が1417年にあったとは思えませんが、斧のマークとうまくマッチしています。

書体ハント@ミュンヘン_看板 08
看板は往来の人から見えるように道路につき出していて、正面には直接刻印してあるお店が多かったです。ここは大きな間口がいくつもあり、一般名であるレストランも堂々と彫られていました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 09
ここも彫刻された文字と突き出した看板の組み合わせですが、広場の奥なので、突き出した看板もこちらを向いています。

書体ハント@ミュンヘン_看板 10
窓上に彫刻文字もよく見かけました。「H」「A」が特徴的。

書体ハント@ミュンヘン_看板 11
広い通りには壁面に手描きの大看板。上にはビールのマーク、下には本日のメニューがあります。

書体ハント@ミュンヘン_看板 12
ここは広場に面した立派なテラス席のある有名な老舗なのですが、近年の改装でモダンに生まれ変わった、とのこと。

書体ハント@ミュンヘン_看板 13
派手なネオンは少なかったです。

書体ハント@ミュンヘン_看板 14
ふたたびオーバーアマガウ周辺。壁画が伝統だそうです。
この文字はわざと崩しているのかもしれません。

書体ハント@ミュンヘン_看板 15
アールデコ調の文字もありました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 16
裏口みたいなドアに見応えのある書き文字。しびれました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 17
こちらはNeuschwanstein(ノイシュバンシュタイン)城近くのカフェ。これも美しかったです。

書体ハント@ミュンヘン_看板 18
三度ミュンヘン、お肉屋さんの店名。伝統を守る姿勢が充分に伝わって参ります。

書体ハント@ミュンヘン_看板 19
上のお肉屋さんの近く。ビールの銘柄がオリジナルと違うバランスでデザインされています。いいのかしら。

書体ハント@ミュンヘン_看板 20
いいみたいです。
提供された立て看板に手描きのメニュー。このスタイルもあちこちで見かけました。

公共物に使用されている文字やサインなどは「その2」で近々紹介します。乞うご期待!

木の上のカフェ2013年12月02日 17:41

なんじゃもんじゃカフェ
イエローツリーハウスほど大きくなくても、木の上に小屋を造り、そこで屋根や隣街を眺められる場所があったらいいなぁ、、なんて思っていましたら、ありました、それも意外と近くに。

なんじゃもんじゃカフェ
http://nanjya.jp/cafe/

オーナーとスタッフの女性が二人で手作りしたそうです。作ったのは勿論、営業許可をとったのも凄いですね!
タブの木(だと思います)はしっかりしていてあまり揺れませんでしたが、枝をよじ登るようにして上がるロフトは木の上にいることが実感出来ます。そしてそこは、秘密基地に潜り込んだような、海賊船の操縦室に入った様な、とても楽しい空間です。

オーダー後に挽いて淹れるハンドドリップのコーヒーも美味しく頂きました。また行こうっと。

鎌倉の花2013年09月11日 23:17

Kさんから「鎌倉広町緑地 花図鑑」を頂戴しました。

鎌倉広町緑地 花図鑑

鎌倉広町緑地 花図鑑
鎌倉広町緑地は江ノ島の北東の宅地造成を免れた緑地帯で、そこに自生または植えられた草木が集められた図鑑です。季節と色で探せるようになっていますので、散策しながら名前を知るには便利ですね。
中に「植物の名前を知る事は、大事にする事に通じます」と書かれていますが、ほんとうにそう。名前を知る力って大きいんですよね。

秋の鎌倉、美味しいものもいいですが、野原を歩くのもいいですねぇ。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.