「欲しいものを作る」2011年08月01日 23:59

こちらでも時々書かせて頂いておりますが、本当に自分が欲しいと思う物を知っている人は、実はとても希です。
ほとんどの人が、自分自身の判断よりも他人の多くの判断を拠所としています。これは、どうか傾向の強い日本人だけではないそうですが、ここ十数年の国内はよりその傾向が強いと感じますですね。

そういう中で、生活の日々の積み重ねの中から、もしくは修業の様に強い意志を持ち続けた濃密な時間の中から、「こういうものが必要だ」と強く確信をもって言える人たちがいらっしゃいます。
判りやすい喩えとしてはスポーツ選手の用具がありますが、ベストが判断出来る明確な目的意識と価値観を反映することができます。
スポーツに限らず、一人の卓越したユーザーの価値観に基づく「欲しい」には意外な発見があります。

この「欲しい」に答えるもののもしかしたら最大の特徴かもしれないのが、長く必要とされることです。
もしそれが商品ならロングセラーとなる可能性があります。これはとても重要なことだと思っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2011/08/01/6007759/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.