書体ハント@ミュンヘン その2-公共・交通-2018年04月04日 10:10

引き続きましてミュンヘンの文字たち、今回は公共の表示や注意書きと交通機関周辺です。早速どうぞ。

書体ハント@ミュンヘン_公共 01
「新市庁舎」の大きなドアの上に彫られた金文字は威厳があります。

書体ハント@ミュンヘン_公共 02
ニュンヘンブルク城の案内板。そっけないほどにすっきりしたサンセリフ(ヒゲやハネのない書体)。

書体ハント@ミュンヘン_公共 03
こちら街中の公園には小さめ白文字のビジネス風。子供の遊具が並ぶ公園でもサインはすっきり。

書体ハント@ミュンヘン_公共 04
公園の端に設置された古着のリサイクルボックス。セリフ(ヒゲやハネ)のついた太文字。左のベージュのものは素材と色で細かく別れたリサイクルボックスで、これがずらりと並んでおりました。

書体ハント@ミュンヘン_公共 05
電線を見かけない街ですから、横断歩道脇の箱は電源関係の設備でしょうか。管理番号と思われるパネルは、他で見てきたものの主張具合からしますと少し強く感じました。遠くから視認する必要があるのかもしれませんね。

書体ハント@ミュンヘン_公共 06
工事現場の注意書き。タイトル部分の書体がユニークです。マーク、アイコン類は省略は中程度、デフォルメは強め、面と線の対比が激しいのが特徴的です。

書体ハント@ミュンヘン_公共 07
「致命的な高電圧に注意」だそうです。致命的な割にさりげない、と感じるのは日本人の感覚なのでしょうね。

書体ハント@ミュンヘン_公共 08
石畳に設置された30cm角くらいの鉄蓋です。Fernwärmeは「地域暖房」ですって。

書体ハント@ミュンヘン_公共 09
反射素材を縫いつけた文字は太いサンセリフで、暗闇の中でも大変見やすいものです。
広場の政治集会を警察官がやや遠巻きに取り囲み、一人一人の顔がよく判るようにビデオを回していました。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 01
地下鉄の駅名は細めのサンセリフ。大文字の「O」の縦長で丸いフォルムや、小文字の「y」「t」の先端が真っ直ぐ開いたままの字画が特徴的です。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 02
同じ駅の案内板。おや、フォルムが微妙に違いますね。書き文字のタッチを残した太めのサンセリフで、小文字の「l」「y」の字画の先端が曲がっていますし「i」は縦線の上端にヒゲがついています。
これは新旧の書体が混ざってしまっているのでしょうか?京浜急行などでもみられましたが、段階的な掛け替えの最中なのかもしれません。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 03
打刻器。信用乗車方式と呼ばれる改札のないシステムは、乗客が自分で切符に打刻します。駅の案内板と同じでした。こちらが新しい書体のようです。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 04
トラム(路面電車)の行き先はLEDのドットマトリクス。「1」や「t」などに識別性への配慮を感じます。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 05
トラムストップ(停留所)の案内板は液晶のドットマトリクス。解像度が低いので書き分けやすい大文字になっています。

書体ハント@ミュンヘン_交通機関 06
やや古い型の車両のトラム内のドアボタン。縦長の極太文字を光らせた上にコントラストも高くないので潰れて見えます。新しい車両にはありませんでした。

書体ハント@ミュンヘン_道路 01
市内の路名案内は街並みに似合うクラシカルなものでした。

書体ハント@ミュンヘン_道路 02
こちらはノイシュバンシュタイン城に上る坂道のもの。視認性の良いしっかりしたサンセリフです。

書体ハント@ミュンヘン_道路 03
こちらはオーバーアマガウ村の車両用の道路案内。小さめの文字でやや雑然とした印象です。

公共文字の主流はやはりサンセリフでしたが、統一された、もしくはデファクトスタンダード的な書体がないようです。それでもそれほどノイジーな印象はありませんでした。
これは日本人の私の書体への感性が鈍いからなのか、それともドイツ人はこれ(統一されていないこと)を嫌っているのか。機会があったら確かめてみましょう。

あともう1回続きます。

書体ハント@ミュンヘン その1-看板-2018年04月03日 14:56

3月前半、先週までの-15℃から一気に温かくなったタイミングで訪れたミュンヘンは、冷たい風の中にも爽やかさをまとう気持ちのいいところで、飛行場から宿に着くまでの短い間にも、町並みやすれ違う人々から落ち着きが感じられます。

日を重ねてみますと、信用乗車方式(信用改札とも)で運賃も統一された快適な交通網からは、徹底した「合理性と利便性への本気]を、駅前の書店や日曜日に店が閉まるスーパーからは、「便利さで失うものへのセンス」を感じさせます。

成熟とそれを守る制度があってのことではありますが、暮らす人々の無意識にまで根を下ろした感性に敬服いたしました。

そんな風に感じ入りますと、何気なく見かけるディテール全てが気になって参ります。そこで、ここでは文字たちに的を絞ってご紹介しようと思います。

まずはお店や施設の看板たち。新旧彫刻手描きネオンなどおりまぜまして、一気にどうぞ。

書体ハント@ミュンヘン_看板 01
老舗ブロイハウス(醸造所)。素朴で力強い。

書体ハント@ミュンヘン_看板 02
ご存知パウラナー(白ビールの有名ブランド)のマークの下に店名が入るもの。
大分趣は異なりますが、日本ならビール銘柄が大きく書かれたスナックの看板みたいなものでしょうか。

書体ハント@ミュンヘン_看板 03
同様にビールのマーク(左下)が入った看板ですが、レストラン名の方が大きく書体も少しモダンに。

書体ハント@ミュンヘン_看板 04
ホテルの路地側に出している看板。錆も味になっています。

書体ハント@ミュンヘン_看板 05
ここはミュンヘンからさらに南のOberammergau(オーバーアマガウ村)という観光地のカフェ。このカリグラフ風の書体は沢山使われていました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 06
ミュンヘンのビアホール。書体と外形に統一感。

書体ハント@ミュンヘン_看板 07
ハッカーブロイ(ハッカー醸造所)の店内(かつては裏路地だった場所に屋根が付けらた席)にれかけられた古いマーク。この飾りっけの無い文字が1417年にあったとは思えませんが、斧のマークとうまくマッチしています。

書体ハント@ミュンヘン_看板 08
看板は往来の人から見えるように道路につき出していて、正面には直接刻印してあるお店が多かったです。ここは大きな間口がいくつもあり、一般名であるレストランも堂々と彫られていました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 09
ここも彫刻された文字と突き出した看板の組み合わせですが、広場の奥なので、突き出した看板もこちらを向いています。

書体ハント@ミュンヘン_看板 10
窓上に彫刻文字もよく見かけました。「H」「A」が特徴的。

書体ハント@ミュンヘン_看板 11
広い通りには壁面に手描きの大看板。上にはビールのマーク、下には本日のメニューがあります。

書体ハント@ミュンヘン_看板 12
ここは広場に面した立派なテラス席のある有名な老舗なのですが、近年の改装でモダンに生まれ変わった、とのこと。

書体ハント@ミュンヘン_看板 13
派手なネオンは少なかったです。

書体ハント@ミュンヘン_看板 14
ふたたびオーバーアマガウ周辺。壁画が伝統だそうです。
この文字はわざと崩しているのかもしれません。

書体ハント@ミュンヘン_看板 15
アールデコ調の文字もありました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 16
裏口みたいなドアに見応えのある書き文字。しびれました。

書体ハント@ミュンヘン_看板 17
こちらはNeuschwanstein(ノイシュバンシュタイン)城近くのカフェ。これも美しかったです。

書体ハント@ミュンヘン_看板 18
三度ミュンヘン、お肉屋さんの店名。伝統を守る姿勢が充分に伝わって参ります。

書体ハント@ミュンヘン_看板 19
上のお肉屋さんの近く。ビールの銘柄がオリジナルと違うバランスでデザインされています。いいのかしら。

書体ハント@ミュンヘン_看板 20
いいみたいです。
提供された立て看板に手描きのメニュー。このスタイルもあちこちで見かけました。

公共物に使用されている文字やサインなどは「その2」で近々紹介します。乞うご期待!

iF design award night 20182018年03月13日 09:19

 iF design award night 2018
先日お伝えしたiF賞のセレモニー、「iF design award night 2018」に参加して参りました!

↓↓↓当日の様子はぜひこちらをご覧ください。↓↓↓
https://ifworlddesignguide.com/if-design-award-2018#/awards-ceremony

↓↓↓製品はこちら↓↓↓
https://ifworlddesignguide.com/entry/230249-jpg-x100

受賞した炊飯ジャーの開発において、賞の獲得が前面で語られことはほとんど無かったと記憶しておりますが、それに相応しい高い美意識をどうしたら維持し、どうやったら製品に反映できるか、、。それらの理念は明文化され、常に共有され、10年以上の年月をかけて練り上げられたものでした。
ユーザーインターフェイスデザインにおいても、使いやすいことはもちろん、喜びを持ってご愛用いただけるよう心を砕きました。

「賞」自体がお使いになる方々にとって直接的に意味を持つ時間はどのくらいでしょうか。ふと思い出した時の満足感程度のこともあるでしょう。
しかし、(その獲得を含めて)高い目標を意識して取り組むことの意義は大きく、成果がもたらす価値は想像を超えて行く、、。それらのことを、あらためて思っております。

ダメマシンクリニック79【区役所のエレベーター:表示不適応症】2017年11月28日 11:28

みなさまこんにちは!

気がつけば二月もご無沙汰してしまいました。私の10月はあっと言う間に過ぎまして、気がつけば11月も終盤。焚き火が恋しくてうずうずとしております。

さて、今週のダメマシンクリニックは横浜市の西区役所に設置されたエレベーターです。

ダメマシンクリニック79【区役所のエレベーター】

79 区役所のエレベーター01
車椅子や子供でも手が届く位置にある堅牢な印象のこれは、古め(築30年超)の公共施設では時おり見かけるタイプの操作盤です。長く使用に耐えてきたと拝しますが、ダメ出しされていますね。

79 区役所のエレベーター02
詳しく見てみますと、、
1:不明
2:ひらく(表示)
3:とじる(表示)
1はおそらく、「呼び出し」等の表示が消えたものと推察します。使用頻度が低く、ボタン右側の説明書が表示を兼ねるため更新されなかった、ということでしょうか。
2・3の「ひらく/とじる」は、ピクトグラムではわからないと言う方に配慮してのことでしょう。
なおこれは病院などではよく見かけるダメ出しです。(病院の例はこちら

このボタンに描かれたピクトグラムは、広く普及しているものです。マンションなどにお住まいの方でしたら意味がわからないと言うことはないでしょう。
ここは、高齢化率が高い木造密集地域を含む区の役所ですので、エレベーターに馴染みの薄い方に配慮したといえるでしょう。
もちろん、馴染みか薄いと言いましても程度の問題で、全く意味が通じないのではなく、とっさの操作時に「どちらを押したら良いのか」が判りにくい、ということですね。


【診断】

一般的なエレベーターでは機能している表示(ピクトグラム)が、ここでは不足となってしまうことから「表示不適応症」と診断します。


【処方】

では、処方です。
利用者に必要な情報を表示することを計画します。

処方01:応急処置(追加表示)
既に適切な処置が為されていますのでこのままでも問題ありません。
ここでは、今後の地域の傾向を取り込んで外国語表記の追加をご紹介します。

79 区役所のエレベーター03

79 区役所のエレベーター04
統計によりますと、当該区は中国人、韓国人が多く、以下ネパール人(市全体ではフィリピン人)、ベトナム人、フィリピン人と続きます。
そこで、漢字(日中台に通ずる日本の漢字)とハングルと英語を追記します。

英語は学んでいる国が多いことからですが、実は「ひらがな表記」が大切です。
英語圏以外の方は「アルファベット」よりむしろ「ひらがな」を学んで来日されるからですね。(この点からも、現表示が適切で問題ないと言えるのですね。)


ところで、この「ひらく/とじるボタンのどちらを押したら良いのか」という迷いは、いつでも誰でも普遍的に感じている事がわかっています。「押す」という行為が「扉が開く/閉まる」という真逆の変化を起こすからですね。

例えば、飛行機のコクピットにずらっと並ぶ押しボタンを想像してください。ひとつひとつはシンプルな行為(押す)であっても、使いこなすには長い時間の訓練が必要です。実は「押しボタン」は、案外難しい(習得が必要な)操作なのですね。
(押しボタンについてはこちらでも考察しています。)



ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.79
対象:区役所のエレベーター
設置場所:横浜市 西区役所
報告者:有限会社ディーエムシー
報告日:2017.11.28
症例:表示不適応症
ダメ度:×(応急処置可)
応急処置:表示追加



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。

ダメマシンクリニック78【多目的トイレの自動ドア:自動過多】2017年09月30日 10:38

みなさま こんにちは!

今週の横浜は金木犀が薫りはじめ、赤レンガではオクトーバーフェストの小屋も建って、すっかり秋めいてきました。

さて、今週のダメマシンクリニックはこちら、みなとみらいのショッピングモールに設置された多目的トイレの自動ドアです。

ダメマシンクリニック78【多目的トイレの自動ドア】

78 多目的トイレの自動ドア01
こちらは2013年夏に新設されて以来とてもきれいに運用されていますが、トイレにはこの様なダメ出しが。

78 多目的トイレの自動ドア02
詳しく見てみますと、、
1:注意書(扉を開放したまま退出)
2:告知(禁煙)
3:表示(緊急連絡先)
禁煙と連絡先はさておきまして、「扉を開放したまま退出」とはどういうことでしょう?
退室時に扉を閉めるのは普通のこと、むしろ良いマナーであると思います。場所によっては「扉は必ず閉めてください。」という張り紙も見かけます。それをわざわざ「閉めるな」と書かれていることには、何か理由があるはずですね。

よく見ますと張り紙の下段には、、
「内側の『閉』ボタンを押して退室されると外側から開かなくなり、次の方のご利用ができなくなります。」
とあります。扉を内側から閉めると鍵がかかる仕組みなのですね。
エレベーターで「閉」ボタンを押して出られる方を見かけますが、同じような感覚でボタンを押して退室される方がおられるのでしょう。しかしそれをしてしまうと外から開かなくなる。。
普段からドアはきちんと閉められる方がトラブルの元とは、、なんとも残念ですね。

78 多目的トイレの自動ドア03
ここでボタンの周囲を見てみますと、ボタンは「開/閉」という表記になっていて、「施錠中」という表示はありますが、鍵がどこでかかるかは明示されていません。
その補間のためでしょう、ボタンの上に「施錠してください」という注意書が添えられています。
これらを全て丁寧に読めば、「ドアを閉めると鍵がかかる」ということが理解できます。
なお、細かい話になりすが「鍵」は開け閉めするためのもの(キー)、「錠」は固定する本体(ロック)です。こちらの場合は鍵は介在せず、内側から扉を閉じると自動的に錠が閉じる設定になっています。

ドアの開閉と施錠解錠が一つの動作の中に組み込まれていること、そしてそれらの関係性が混同され、ぱっと見ても判らない状態にあることが混乱の要因でしょう。言葉の使い方からも、ドアと鍵(錠)の扱いが混同されていることが滲み出ていますね。


【診断】

ドアを閉めると自動的に鍵がかかることが原因ですので「自動過多」と診断します。


【処方】

では処方です。
現状のダメ出しは、節度を保ちつつできるだけ気付いてもらえるような形態を模索しているとお見受けします。応急処置としては現状以上のものは望めないと考えます。
そこで、根本的な治療を検討しましょう。

処方01:メーカーによる治療
ドアの開閉と施錠解錠を別々の行為に分け、利用者にはそれぞれの動作を自然に受け入れられるよう配慮して以下の様にします。
・スライドドアの開閉はバーハンドルで行う。
・ドアは電動アシストとし、非力な利用者でも使えるようにする。
・施錠解錠は別ボタンとし、文言も「施錠/解錠」とする。また、理解のしやすさに配慮して、アイコンと英語表記を加える。
・施錠を表す色はより標準的な「赤」にする。
・禁煙の表示は既存の注意書きの近くに配置する。
・緊急連絡先は座った時の視界に入る位置に配置する。

78 多目的トイレの自動ドア04

78 多目的トイレの自動ドア05
ドアは押すかスライドさせるか、バーハンドル自体はどちらの行為も促す形態ですが、殆ど全ての多目的トイレが車椅子を考慮したスライドドアであることから、利用者は経験的に「スライドさせて開ける」と捉えてくれるでしょう。
入室時に「ドアを閉めたあと鍵を締める」ことで、退室時に「ドアは閉めて鍵は開けておく」という状態が無意識的に体現できます。(無意識的、と言いますのは「明確に考えなくても身体がその様に動く」という程の意味です。)

実は、手動のスライドドアと普通の鍵で充分なのです。手動であればわざわざドアの開閉と施錠解錠を一つの行為にまとめることはしないでしょう。しかし自動化するとこうなってしまう。。
「行為をまとめることは便利である」という思考が、それこそ「自動的に」支持されている現状が、今回のような状況を生むことを忘れてはなりません。

ここでは自動化ではなく省力化が本当のポイントなのですね。
ですので自動ドアではなく電動アシストドアがよく、鍵は操作の簡単なボタン(現状)がよい、ということになります。

ちなみにボタンを押すタイプの自動ドアもありますが、その場合は鍵をボタンではなく回すタイプにするなど、「動作を別のものにする」のが良いでしょう。記憶に残る手応えを分けておくことによって混同を避けるのですね。ちょっとしたコツです。

それからロックアイコンの「赤」ですが、現状はそれほど確定的な色は存在しないようです。ですので、今後スタンダードな色が決まってくる可能性がありますが、今回は信号機の止まれが赤であること、影響力のあるiOSのロックアイコンが赤であることから採用しました。



ダメを憎んでマシンを憎まず。
ダメマシンクリニックからは以上です!

No.78
対象:多目的トイレ
設置場所:みなとみらいのショッピングモール
報告者:有限会社ディーエムシー
報告日:2017.9.30
症例:自動過多
ダメ度:××(治療が望ましい)
応急処置:ー
治療方針:外科「分離・移植」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ダメマシン」でお困りの方へ 
https://www.facebook.com/damemachine 
上のフェイスブックページに以下の内容を投稿して下さい。投稿順に診断、処方箋をお応えいたします。現場でお困りの方は無料で何度でもお応えします。どしどしご連絡下さい! 
・明瞭な写真または動画(複数歓迎) 
・設置場所とマシンの目的 
・困っていること・症状(出来るだけ具体的に) 
・テプラなどの対処部分の写真と説明 

※プロの方へ 
このページの内容を参考にして設計されることは大歓迎です。引用も問題ありません。(ただし、法的な責任は負いません。また、できれば一言「参考にしました」と言って貰えると嬉しいです。) 
個別にデザインを相談したい場合はご連絡下さい。最優先で対処させて頂きます。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.