デザインの倫理:より良い未来のための創造的な責任2024年01月19日 12:01

デザインで飛躍を企むみなさまこんにちは^^

はじめに
前回はユーザーインターフェイスデザインの二つのアプローチ、「情・共感に基づくユーザーインターフェイス」と「普遍性・一貫性・公平性を重んじたユーザーインターフェイス」についてお話しました。このふたつのアプローチの元となる「個と普遍」と言うテーマは、あらゆる人間集団における倫理観に深く関わることだそうです。
今日はデザインの世界で非常に重要なテーマ、この「倫理」に焦点を当ててみましょう。デザインは単なる美的表現以上のものであり、社会的、文化的、環境的な責任を伴うという、そういった自覚的な態度が求められる話です。

ユーザビリティとアクセシビリティ:使いやすさとアクセスの平等
デザインにおいて最初に考えるべきは、「ユーザビリティ」と「アクセシビリティ」です。これは多くの人(理想的には全ての人)が容易に使える、誰にとってもアクセスしやすいデザインを意味します。
ユニバーサルデザイン、インクルーシブデザインと呼ばれる考え方や、具体的には視覚障害を持つ人々のための読みやすいフォント、車いすユーザーが利用しやすい建築設計などですね。

文化的感受性:多様性の尊重
デザインは文化的な価値や感受性にも敏感です。世界は多様な文化で構成されており、デザインはその違いを尊重し、促進する役割を果たします。文化的剽窃(ある文化の要素を他の文化によって不適切に取り入れられること)や偏見を避け、異文化に敬意を払う事は社会全体に重要なことだと考えます。

環境倫理:持続可能なデザイン
いわゆるエコ、最近ではSDGsという目標に沿う、環境に優しいデザインは今日の必須条件です。リサイクル可能な素材の選択や、環境負荷の低減は、地球に対する責任あるデザインの一環です。私たちの「仕事」が地球に及ぼす影響を常に意識し、持続可能な未来に反する行為は社会悪と見なされつつあります。「社会悪とは過激すぎる」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このトレンドは逆らえないでしょう。

データプライバシーとセキュリティ:信頼の構築
ネットと繋がるサービスや製品においては、ユーザーのプライバシーとセキュリティは非常に重要です。信頼できるデザインは、ユーザーの情報を守り、安全な体験を提供します。データの扱いにおいて、倫理的な配慮と透明性を確保することは、デザイナーにとっても重要な責任と考えます。

まとめ
デザインの倫理について列挙しました。
これを「通り一遍まともに請け合うのは大変だ」という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、デザインはもともと包括的な問題解決を志向するものです。今とりかかっている開発に突破口が欲しいとお考えでしたら、ぜひこの視点を取り入れて見て下さい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2024/01/19/9651130/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.