新年2009年01月05日 00:00

白梅
あけまして、おめでとうございます。
本年も倍旧のご愛顧を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

百年に一度の、、等と報道されておりますが、下り坂には下り坂のダイナミズムがあって、それを生活の中に有形無形ともに結実して行く力に変えて行きたいと思っています。今年もひとつひとつ丁寧に全力を尽くしていく所存です。

「百年に一度と言われる程のターニングポイントにいることの喜びを感じる」
一年では実感出来ないかもしれませんが、皆が悲観するときだからこそ、楽観していくことの強みがだせればなと、私たちの物語はそういう方向で進められたらと思っています。

Helvetica2009年01月06日 12:38

Helvetica
昨年末にある方が送って下さってDVD
「ヘルベチカ ~世界を魅了する書体~」
を観ました。

2007年、ヘルベチカ誕生50年の節目に作られたドキュメンタリーです。
ヘルベチカの登場を歓迎して讃えたモダニズムの第1世代、ポストモダンのアンチ・ヘルベチカの第2世代、ヘルベチカを使いこなす新しい第3世代の三つの視点を通して、ヘルベチカという存在がどのようなものかを浮かび上がらせています。それぞれが実感のこもった言葉で語っていて、最初から最後まで目が離せませんでした。

ヘルベチカの登場はひとつの事件だったと聞いていましたが、グラフィックデザインにおけるインパクトをリアルに感じられました。

私個人としては、ヘルベチカを好んで使う事はありませんがアンチでもありませんので、第2世代と第3世代の中間といった所です。また、ヘルベチカより好きな書体の多くがヘルマン・ツァップ氏のものであったと初めて知りました。

監督のゲイリー・ハストウィットは、プロダクトデザインのドキュメンタリーも構想中との事。こちらも気になります。

参考
http://www.7andy.jp/dvd/detail/-/accd/D0211836

追記
このDVDの発売にあわせて「Helvetica展」も行われたようです。
http://www.helvetica-web.com/

工芸茶2009年01月07日 09:00

工芸茶
お茶を飲む、という習慣は中国から世界に伝わったものですが、日本の緑茶から欧州の紅茶まで、その風土に合った習慣として深く根を下ろし、実に様々なバリエーションで楽しまれています。

本場中国では緑、白、黄、青、紅、黒、花、茶葉以外のものと風味も淹れ方も異なる沢山のお茶があります。その中の一つ「工芸茶」は、中国式の緑茶の玉の中に様々な花が隠されていて、お湯を注ぐと開花するという仕掛け。写真は「茉莉花」と「姫百合」が咲くタイプ。

「五感を使って楽しむ。」デザインにもあらためて標榜されてもいますが、一杯のお茶を楽しませるぞ、という意気が感じられて好きです。

バイオミミクリー2009年01月08日 10:33

N700
造形だけでなく、そのシステムやプロセスを自然や生体をモデルにして、人間の社会の諸問題を解決して行こうという学問をバイオミミクリーと言うと、昨年ある方にご教示頂きました。

ハコフグの形をヒントに空気抵抗の少ないトラックをデザインしたり、鮑の貝殻の構造をまねて超強靭の素材を開発したり、蟻塚の構造のビルを建てたり、自然の植生を倣って持続性の高い農業を構築したりと、成果が沢山あります。

自然をお手本に、というのは科学の原点のように思いますが、バイオミミクリーは一部をまねるのではなくシステム全体として捉え、環境問題の様なグローバルな課題の解決手段として捉えるのが新しいようです。

写真は、トンネル突入時の衝撃を和らげるため「水面に飛び込むカワセミ("カモノハシ"を修正/追記参照)を参考にした」と伝えられる700系新幹線の新型です。

デザインのもう一つの大切な側面、自己の表現とコミュニケーションについても、自然にヒントがあるという考え方も面白いかもしれませんね。

参考 自然と生体に学ぶバイオミミクリー
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/31660399

追記:著者Janine Benyus女史のサイトで確認しましたら「カモノハシ」ではなく「カワセミ」でした。お詫びして訂正いたします。

2009年01月09日 15:42

身の回りの物に限って申し上げれば、近年のデザイントレンドはシンプルにして、スタイリッシュにして、詩を感じさせたり、おかしみを加えたりして、エコやロハスにも気を使ったものが多かったようです。

デジタルやモバイル機器など、機能一辺倒だった市場が成熟した事もあり、外見をシンプルかつ高品質にして、中身をスマートにするのが主流となっています。

お店も変わりました。ブティックのようなスタイリッシュなショップや愛らしいものをセンス良く集めたお店が増えました。そこに並ぶものは、どれも長く使えそうなシンプルなものや、洒落ていてユーモアあるものが、いずれも美しさをもっています。時には言葉を失うような発見を求めてショップを巡るだけでも楽しい事ですね。

私だけかもしれませんが、シンプルは案外難しいことなのです。理詰めで窮屈な印象にしないように気をつけ、無駄をそぎながらそっけなくならないように。。

反対に、おしゃれなものはナイーブさ(浅はかさ)を感じさせないようにする加減が大切ですよね。

もっとエモーショナルで、使って行くうちに何度も発見のあるような「+α」を必要最小限もつもの、、そういうものをいつも求めています。
きっととても高望みなのだと思いますが、自分のデザインはそうありたいと願っています。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.