視聴覚以外で出力 シーテック2010年10月08日 23:59

3D視聴とタブレットで賑わうシーテックに行って参りました。
早速ですが、話題商品の裏側で、気になったものをご紹介させて頂きます。いずれも「視聴覚以外の出力」を備えたものです。

村田製作所の「マイクロブロア」
マイクロプロア
左手前の小さなメカは空気で浮いています。その空気を吹き出しているデバイスが圧電素子。微電力で省音。この技術を応用した静穏設計のPCファンもありました。
この技術を応用すれば、触覚に訴求するインターフェイスも創れそうです。

iPhoneでコントロール
iPhone、iPadで操縦します。AR(拡張現実)を応用したホビーですね。
画面には本体のカメラからの映像がフィードバック。対戦ゲームもできます。
こうしたAR機器の広がりは様々なセンサーを飛躍的に向上させるでしょうね。楽しみです。

産総研サイバネティックヒューマン「HRP-4C」
産総研 HRP-4C
この分野は「ロボットらしい」外観のものと「人間そっくり」なものがあるように見受けられますが、これは「人間そっくり」を理想と見なす取組みの中で、特に顔の表情に注力しているようで、ステージタイムには唄を唄っていました。
「人間そっくり」には色々と揶揄される事が多いのですが、「不気味の谷」と命名された、このざわざわとした気分の奥底に、認知上の未知が沢山あるのではないか、、そんなことを思っています。

さて、評判の3Dは大盛況、タブレットデバイスは長蛇の列、この人気ぶりが市場の今後に反映されれば、、と願っています。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.