今年のスーパーマーケットトレードショー2013年02月14日 23:02

スーパーマーケットトレードショー
2010年よりエヌ・イー・ワークスの三澤社長のご招待を頂き、門外漢ではありますが拝見させて頂いております。

食を中心にスーパーマーケットに陳列する商材と、流通管理システムを広く見聞する事が出来ます。
一つの食材を商品として仕立てていく過程を見る事も興味深いですし、巨大なシステムのコンセプトも面白いです。

全体の印象として、数年続く「内化」は今年も感じました。しかし正直な所、流通のど真ん中にいる、という迫力が少し欠けてきた印象がありました。
部外者の憶測ですが、恐らく競争力のあるメーカーや小売りは独自にブランドを育て始め、通販、宅配をメインとする業態が規模を伸ばしているからかも知れません。

安く何でも手に入るという価値を裏支えして下さる方々の努力の方向生が、体力勝負になってきているとした心曇るものがあります。

以前ご紹介した「商店街はなぜ滅びるのか」にも書かれてありましたが、消費者向けの流通は案外短いサイクルで変動しています。
販売業にとって大きな流通量を持つ事が鍵なのはいつの世も変わらないのでしょうけれど、その流通の仕組みが変わるんだな、、と感じた一時でした。


有限会社エヌ・イー・ワークス
http://www.new-works.jp/

過去記事:2010スーパーマーケットトレードショー
http://dmc.asablo.jp/blog/2010/02/09/

過去記事:「商店街はなぜ滅びるのか」
http://dmc.asablo.jp/blog/2012/06/15/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dmc.asablo.jp/blog/2013/02/14/6721483/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.