季節は進む2011年04月01日 23:59

紅白木瓜(ぼけ)
紅白の木瓜(ぼけ)が満開です。梅、桃に続きこぶし、早咲きの桜がほころび始め、染井吉野も開花宣言がありましたね。寒暖を繰返しながら季節はすっかり春になりました。

ある方が「春が来たということが嬉しい」とおっしゃっていたのですが、ただ「季節が進む」ということが、何故これほど人の心をほぐしてくれるのでしょうね。

お皿の形の本「SALADS」2011年04月04日 21:33

Carla Bardiさん著「SALADS」という本を見つけました。

Carla bardi 「SALADS」
お皿の形そのままを本にしたシリーズで、他に「PASTA」「SOUP」「PIZZA」などがありました。(確かタルトも)

見開きで一種類づつ、全部で58のレシピが紹介されています。どれもちょっとリッチで良く知っているものとはちょっと違う、まだ食べたことのない味がしそう、、そんな雰囲気がします。

Carla bardi 「SALADS」
青いベロには磁石が仕込まれていて、カチッと止ります。

Carla bardi 「SALADS」
下端が箱状になっていて、本棚にしっかり収まるようになっています。(そっとおけば自立もします)
開いたページは戻りにくく、そのまま立て掛けておけるので、見た目より使いやすいです。

この本は価格が手ごろ(¥1.590-)で普段使いもしやすいところが気に入りました。
装幀に凝った本、日本でもたまに見かけますね。電子書籍の普及によって所有して楽しい本はかえって増えて行くように思っています。
凝りに凝ったコレクターズアイテムも素敵ですが、この本のように手軽で楽しい本が増えるともっといいなあ、と思っています。

つんどく(積読)2011年04月05日 23:45

どなたの造語なのでしょうか、読みさしの本をあちこちに平積みして、その場にいくごとに少しづつ読み進める、、そんな意味合いの言葉です。うまいこと言いますね。

今私の積読は7〜8冊、探している本が5〜6冊、明日届く本が2冊。追加されて行く平積みの下から上がらない本もあって、ついに読まないまま本棚にしまったものもあります。

散らかったPCのデスクトップならフォルダに格納すると見えなくなりますが、積読は視界の端から消えることはなく静かな波を打ち続けます。
これが実は楽しみでもあるのですよね。だから山はいっこうに減らないのでした。

マイクロローカライゼーション「津々浦々」2011年04月06日 23:59

「津々浦々」、日本の隅々までほどの意味ですが、小さな港港全てに届く姿を想像すると、その届く物と届ける人たちの重みが伝わります。
また、「郷に入っては郷に従え」などの言葉とともに、少し前の日本には村や里ごとに様々な違いがあったことが伺えます。
その姿への回帰が、復興という流れの中であらわれてくるのではないか、、そんな風に思っています。

均質化した現状から、それぞれの風土に則した姿になっていくのは潜在した欲求だったはずで、それが新たなふるさとの建設によって、その土地らしさにスポットが当るように思います。

同時に、高効率のディストリビュートの脆さを体感した後では、インフラを含めた「現地主義」がキーワードになってくるのではないか、そんな風にも思います。

欧州の歴史を読むと、街が一つの国、都市国家として成立していく過程で、ほぼ共通の技術や思想を持ちながらも課題への対処と積み重ねた歴史、意思決定のあり方など、同じ言語人種であっても全く別の個性を作りあげて行きます。

まちづくりの現地化が進めば、その土地の風土ともてる物、相対関係により、土地土地の事情がより鮮明になってくるでしょう。

その市場へのモノやサービスの提供は、インドやアフリカなどの村々で異なる要望を受けとめるローカライゼーションと両立させてこそ成り立つといわれるグローバリゼーションの手法そのものが必要になってくるのでしょう。

「バンダナバックル」5月3日に発売します!2011年04月07日 23:59


その第1弾は「バンダナバックル」です。
きちんとした準備を整えることは、子供たちにもやる気と自覚を促します。バンダナを締めるのも大切なこと。
でも未就学児の小さな子供は体格的にも技術的にもバンダナをきちんと結ぶことが難しく、おうちの方が手伝ったり、頑張って結んでも途中でずり落ちたりしてしまいました。

「なんとか子供が自分だけでしっかりと結べないか・・」そんな思いからデザインを進めました。

バックルつきバンダナ
楽しいお菓子作りで笑顔がはじけますね。

バックルつきバンダナ
端を引っ張るだけでしっかりと止まります。

5月3日ミサリングファクトリーの4周年感謝祭でこのバックルの発売記念イベントを行います。
今回発売するバックルは限定100個(+α?)の少量生産で、南仏の素敵なプリント布とセットのものと、バックル単体のものをご用意しております。
ぜひみなさまご来場下さいませ!
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.