「11歳は冒険の始まり」2012年07月02日 07:12

弊社は昨日から新しい期が始まりました。
無事に今期を迎える事が出来ましたのも皆さまのご指導ご愛顧のおかげです。心より感謝申し上げます。

弊社のスタートは2001年、今年は満11歳ということになります。人の11歳は冒険の始まりの年だそうです。
スタートから冒険の様ではありましたが、これからが本当の冒険なのでしょう。全力でサバイバルして行こうと思います!

みなさま、これからもご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます!

公衆電話20122012年07月03日 07:20

公衆電話 名古屋駅
先週末の名古屋駅です。
これまで見過ごしていましたが、近所ではほとんど見かけなくなった今、5台が並ぶのを改めて珍しく感じました。

設置台数を検索しますと、、昨年3月末で25万台強、2000年の1/3だそうです。感覚的にはもっと減っていそうでしたがそうでもない印象です。
そう言えば近所では駅のコーナーが消えても公園の電話ボックスは残っていてますから、都市部の目立つ大量設置ヶ所がなくなっただけなのかもしれません。
採算は赤字だそうですが、緊急時の手段として法的にも保護されているようです。

ここに設置されているのはニーズがあるからでしょうか、緊急のためなのでしょうか、どちらにしても公衆電話があるのは大変有難いです。
今更ですが、採算の取れるアイデアがあったらいいですねぇ。

都市の残像2012年07月04日 23:59

「名古屋テレビ塔」、先週末は何年かぶりに間近に見上げました。
開業は東京タワーより早く昭和29年だそうです。(東京タワーは同33年)

名古屋テレビ塔
新たに銀色に塗られて足下はオープンカフェという、今どきな観光地になっていましたが、詳しい方のお話では電波塔としての必然性は相対的に低下し、来場者も多くはないとの事でした。

名古屋の中心地、栄の真真中という立地は名古屋人の合理性ならではだそうで、その合理性からすれば壊してしまえと言う声もなくはないそうです。しかしそれもお金のかかる事なので何か人気の出る施策はないだろうか、、とのこと。うーむ、、横浜でも同様の話を耳にします。

サン・マルコの鐘楼
こちらは「サン・マルコの鐘楼」です。
ヴェネツィアのサンマルコ広場の美しい鐘楼として有名ですね。一度崩壊しましたが、その日のうちに再建が決定され、内部を強化した上で10年かけて建設されました。今年は再建から丁度100年の節目だそうです。

日本は世界に誇る様な建物でも案外簡単に壊してしまいます。「定期的に立替える木造建築の文化だから」「新しい物好きだから」という説明は東塔のように保存改修されてきた建物を前にすると浅はかに思えます。
新しい目立つ建物ができて活気が出るのは確かですが、それが数十年で陳腐化してしまうとすれば(その建物自体の設計もあると思いますが)、街(とそこに住む人々)の美意識とともに生活基盤のダイナミズムの問題なのでしょう。

名古屋テレビ塔に登った事はなくても、また名古屋に行った事がなくても、この写真を見て名古屋を連想する方は多いでしょう。これは立派な資産ですね。「街の景観」の価値は旅をするとよく感じます。しかしそれを造形している仕組みを理解するためには時間を掛けて知らないとならないでしょうね。

・・という訳で、またまた旅情が募るのでした。

ほたるぶくろ2012年07月05日 01:31

蛍袋 笹
梅雨時の花は青や紫の清々しい色合いが多いですね。湿気が似あうのがまた目立つ理由でしょう。

この花は「ほたるぶくろ」と言いまして、土手などに自生する草花です。隣に生えていた笹と一緒に活けて見ました。
子供が螢を入れて提灯がわりに遊んだというのがその名の由来ですから、実際にそういう遊びをされた方もいらっしゃるかも知れませんね。
涼しげな花とほのかな光、、いつかやってみたいささやかだけど贅沢な遊びです。

手を洗わないと開かないドア2012年07月06日 23:59

先日撮影で伺った結婚式場のバックヤードのトイレが「手を洗わないと開かないドア」でした。

 1:流水洗浄
 2:石鹸洗浄
 3:すすぎ洗浄
 4:エアタオル乾燥
 5:消毒

ステップ5の消毒液を出すとすぐにドアが開きます。これにはちょっとびっくりしました。手を洗ったら一拍もおく事なく持ち場へ復帰、なんですね。

こういう仕組みをなんて言うのでしょうか、確かにこの設備なら人的な不備はかなり無くなるでしょう。

しかし残念ながら「自然とそのようになる」というデザインも仕掛けもなく、手洗いの前でしばし大きく書かれた説明書きに見入り、一つ一つ手順を追いかけないと出来ないものでした。
うーん、おしい!

「建築が行為をアフォードする」のは、伝統的にも苦手ではないはずです。機能性が求められるからこそ、デザインして行きたいと思いました。
dmc.
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
「デザインの言葉」 by Fumiaki Kono is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 3.0 非移植 License.